menu

29 views

【スキンシップの大切さ】子どもに親の愛情を伝える方法はこれしかない!!

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 651

人は冷たいものより温かいものを好みますね。

もちろん、暑い夏に冷たいものを欲するのは別問題です。

  • 温かい温度のお風呂に浸かる。
  • 眠る時は、ふんわりした温かい布団で眠る。

人は、常に何らかの温もりを求めています。

そして人の肌の温もりを伝え合うスキンシップは、心のぬくもりを伝えるためも、大変有効な手段です。

スキンシップの効果

親子だけではなく、人と人とのスキンシップは、様々な効果が得られます。

何より人が温もりを感じると、幸せな感情に包まれますね。

スキンシップによって触れ合うと、脳内物質のオキシトシンが分泌されることがわかっています。

愛情ホルモン【オキシトシン】の効果

オキシトシンは、母としての身体の働きと深い関わりがあり、以前までは母親しか分泌されないと言われていました。

現在では、母親だけではなく全ての人に分泌されることがわかっています。

オキシトシンは、出産の際 子宮を収縮させて陣痛を起こし赤ちゃんを出すためのサポート役も担っています。出産後子宮を元に戻す働きも、オキシトシンの働きなのだとか。

また子どもに乳首を吸われると、オキシトシンが分泌し『母乳を出す』と言われています。

授乳する行為も、スキンシップですね。

オキシトシンは、別名【愛情ホルモン】【絆ホルモン】とも言われています。

そのオキシトシンは子育てをする上で、様々な効果をもたらしてくれます。

  • 親の愛情を肌で感じ取る。
  • 親子の絆を深める。
  • 心をリラックスさせ、安心感を与える。
  • ストレスを軽減させる。
  • 大切な自己愛を形成する。
  • 他者にも優しくなれる温かな心を育む。

オキシトシンは、哺乳類だけが持っているホルモンと言われています。

様々な動物がお互いに舐め合ったり・毛づくろいをするのも、スキンシップの一環・愛情を伝えるための行為なのです。

愛情を求める人間

オキシトシンは伝えるだけではなく、触れられる側・触れた側、両者どちらともに分泌されると言われています。

  • 【可愛い我が子を見ると、抱き締めたくなる。】=【大好きな母に抱き締めてもらいたいと思う。】
  • 【好きな人と手を繋いだり、触れ合いたいと思う。】=【好きな人に触れられたいと思う。】

親子関係を、より良い方向へ導き・絆を深めてくれるのです。

そして、このように感じるのは、人が愛を求めているからですね。

スキンシップにより触れ合って、相手のぬくもりを感じると、何故だか胸がジンと熱くなりませんか?

それこそが、オキシトシンの作用なのかも知れません。

スキンシップは、相手の愛情を感じ・自分の愛情を伝えることができる方法なのです。

求めた時にスキンシップする重要性

「ママ、だっこして!」子どもは何故か忙しい時に限って、だっこというスキンシップをせがんでくることがあります。

忙しい母親にとっては「何故、今なの!?」と感じることもあるでしょう。

そして「後でね。」と言ってしまってはいませんか?

子どもがなぜ忙しい時に限ってスキンシップをねだってくるのかと言いますと、自分に注目してもらっていないということを、潜在的に感じているからだと思われます。

わざとイタズラをして、お母さんの気を引こうとする場合もあります。

そして、私が出掛ける約束をした時に限って、何故か子どもが熱を出したことも何度もありました。
(参考:育児のストレスでもう爆発!?母親のイライラが和らぐ方法

まるで第六感という感じで、本当に子どもの能力には驚かされていました。

忙しいと思う時程、子どもにスキンシップをしてあげて下さい。

どれだけ忙しくても、たった1分で良いのです。

気忙しくしてしまうのはわかりますが、子どもは『今その時・その瞬間、親の愛情を感じたい!』と強く願っています。

  • 保育園へ送って行って、パートに行くため、急いで食器を洗ってしまいたいのに・・・。
  • 洗濯物を早く終わらせないと、幼稚園のバスに間に合わなくなってしまう。

洗濯物がしわになっても、また洗い直せば良いし・アイロンをかければしわは伸びます。食器はまた後で洗えば良いのです。

スキンシップを怠っていると、子どもの心には不服感が蓄積していってしまうかも知れません。

スポンサーリンク

心に刻み込まれたものを取り除くのは、容易な事ではありません。取返しのつかない事になってしまう可能性もあります。

10秒の時間だけでもギュッと抱き締める時間を作ってあげて下さい。

そのたった10秒間のスキンシップで、親の愛情が伝わります。

私も全く知らなかったのですが、8秒間のスキンシップでも良いと言われているようです。

スキンシップさえすれば良いのか?

何故たった10秒でも良いのかと言えば、子どもへの愛情は、気持ちというエネルギーだからです。

感情のないスキンシップでは、全く意味がありません。

スキンシップは、肌と肌の触れ合いだけでなく、見つめあったり言葉をかけたりすることも含まれます。

たとえ肌を触れ合わずとも、心からの感情があれば、見つめたり名前を呼んであげるだけでも伝わります。

少し脱線してしまいますが、気持ちというエネルギーで考えてみて下さい。

コンビニやスーパーでアルバイトをしている店員・・・「ありがとうございました。」という言葉を発していても、ただマニュアル的に言っているだけと感じる時はないでしょうか?

本来は、お客様が買い物をしてくれているからこそ、店が成り立ち・自分のお給料が発生しているのですが、別に感謝する必要はないと考えている方もいるでしょう。

ただ仕事として言葉を発している場合の「ありがとう。」は、心がこもっておらず、伝わるも何もありませんね。ロボットと同じことです。

「頑張って!」と上辺だけの言葉をかけてもらっても、心は全く動きません。

「すみません。」と言っても、心から申し訳ないという気持ちを持っていなければ、心に響くことはありません。

それと同様、気持ちがこもっていないスキンシップは何の意味もないのです。

子どもは、母親が自分に気が向いていないという事に気がつきます。

スマホゲームをしながら、だっこしてあげても意味がありません。子どもに意識が向いていなければ、スキンシップでオキシトシンの効果はなく、愛情も伝わらないのです。

本当に気持ちがこもっていれば、子どもはそれだけで満足します。

スキンシップなしが及ぼす影響

【スキンシップの大切さ】子どもに親の愛情を伝える方法はこれしかない!!

そして、子どもの頃にスキンシップが少なかった場合、成長した時にも影響があると言われています。

幼少期のスキンシップが不足すると、オキシトシンが出にくい脳になり、情緒不安定になったり、感情のコントロールがうまくできずに、切れやすくなったりすることもあります。

出典:www.kao.co.jp

スキンシップは愛情を伝える手段であり、幼少期に愛情を与えないと、愛がわからないまま成長してしまうことになります。

笑顔で褒めてあげるという事も同様ですね。

(参考:【子どもは褒めて伸びる】褒めないとどうなってしまうのか?

3歳までのしつけと同様、どれだけ愛情を伝えるのかも、子どもの成長に大きな影響を与える非常に重要な要素なのです。

私は子どもが小さい頃から毎日「好きよ。」という言葉をかけ、スキンシップをしてきたことで、成長した息子がその事をちゃんと覚えていてくれました。
(参考:親が子どもに言葉で愛情を伝える方法とは?ありのままのシンプルな感情

それに、子どもが小さいうちの育児の時間は限られています。母親にとっても、大変貴重な時間ですね。

成長してから『ギュッと抱き締めたい。』と思っても、いつまでもさせてはくれません。

自分のためにも子どものためにも、少しの時間だけでも良いので、家事の手を止め子どもに集中して下さい。

子どもは、母親の愛情を求めているのです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

親が子どもに言葉で愛情を伝える方法とは?ありのままのシンプルな感情親が子どもに言葉で愛情を伝える方法とは?ありのままのシンプルな感情

格安航空券は本当に安いのか?裏事情を知ってトラブル回避!

関連記事

  1. 運転免許制度が平成29年3月に変更!(1)準中型免許ができます

    法律が勝手に変わると困ります。うっかり違反する可能性がある!とはいえ道路交通法は頻繁に変わる…

  2. 川崎中1殺害事件にて、起訴内容否認…これが何を意味している?

    昨年2月、川崎の河川敷で中学1年男子が殺害された事件の裁判が横浜地裁で19日に行われました。被告は驚…

  3. 出会いをモノにするために、初めにしておくべき事って?

    5月27日、冠二郎さんの結婚が報道されていますが、驚いたのはそのお相手。なんと31歳下との事。近年歳…

  4. 忙しい毎日に冷凍野菜はどうですか?効能は5つです

    野菜を冷凍にしても大丈夫なのか?心配ですか。逆に、冷凍したら、嬉しい効果があるみたいです。忙…

  5. 色彩心理ボルドー編

    ※ボルドーってどんな色?ボルドーを色彩心理の面から見てみましょう。 ボルドーは赤がベース…

  6. 子どもに食べ物と触れ合うお手伝いをさせる【食育】としてのメリット

    子どもに食べ物と触れ合うお手伝いをさせる【食育】としてのメリット…

    当たり前のように食べ物に恵まれている昨今、子どもに食べる事の大切さや・食に対する感謝の気持ちを教える…

  7. 健康のためにもプロテインを飲もう!効果的な方法とは

    プロテインと聞けばボディービルダー筋肉をつけるために飲む!そんなイメージですね。とはいえダイ…

  8. 子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教えるためには』

    子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教える…

    人が何かを感じる時、なぜ【心~こころ~】で感じるのでしょうか?実際には、全て脳が感じている感…

最近の記事

  1. ママのイライラ【赤ちゃん返り】をする子どもの心理とその原因
  2. 上の子の赤ちゃんへのやきもちはどうやって回避する?
  3. 子どもに愛情を伝える一番の方法『わかりやすく心(こころ)を教えるためには』

amazon

PAGE TOP