menu

40 views

『いい子に育てる』とはどういう子?子どもをコントロールしようとしていないか?

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 658

我が子を『素直ないい子に育てたい。』誰もがそう思うでしょう。

子どもに対する【いい子】の定義は、人それぞれです。

素直と言っても、何を素直と言うのか・性格のいい子と言っても、性格が良いとはどういう事を指すのか、個人によって感覚が違いますから、どう育てたいのかという事も変わってくるでしょう。

あなたにとっての『いい子に育てたい。』という基準はいったい何でしょうか?

言う事を聞かない小さなお子様が、悩みの種だというママは、是非ご覧下さい。

こんな子どもに育てたい

私の個人的な主観で言う『いい子に育てたい。』という基準は、以下のようなものでした。

  • 自然に挨拶ができる子
  • 人の立場になって物事を考えられる子
  • 何に対しても、常に感謝の気持ちを持てる子
  • 平気で嘘をつかない子
  • 奢らず・へりくだらず、自分を持っている子
  • いつも笑顔を絶やさない子
  • 悲しい時・苦しい時、気持ちを素直に表現できる子

きっと多くの方が、このような願いを持っていらっしゃるのではないでしょうか?

私は、子どもが生まれた時から、これらのことを願って育ててきました。

ただし、その中でも言う事を聞かず泣いたり・反抗したり、困らせるようなことをした時、当然腹がたってイライラしていました。

今になって思い返せばそのイライラの中には、『自分のいう事を聞かないのは、いい子ではない。』という親の勝手な感情が、隠れていたのだと感じます。

誰でも親の言うことを素直に聞く子どもに対して『いい子ねぇ。』と言います。

でも、それだけで本当に『いい子』と言えるのでしょうか?

じっとしていられない息子

私の息子が幼稚園くらいの頃でしょうか。

息子を連れて外食へ行き、息子が食べ終わると、必ず店内を徘徊するという状況に悩まされていました。

幸い、極端に暴れ回るというところまではいきませんでしたが、それでも本当に恥ずかしかったことを覚えています。

友人同士、子連れで出掛けても、私の息子だけが『いい子ではない』状態。まるで、子どものしつけが出来ていない親です。

もちろん、優しく言い聞かせもしましたし、きつくりつけることもありました。じっと座らせていると、最後には泣き出してしまう始末。

そして、最終的には、ファミリーレストランなら置いてあるおもちゃを買い与え、少し時間を稼ぐという事をしてしまったいたのです。(関連:ご褒美によるしつけ『これをすればこれをあげる』交換条件は良いか悪いか

他のどの家族連れを見ても、食べ終わっていても大抵いい子にして、皆じっと座っています。

『どうして、うちの子だけこんなに悪い子なのだろう?』そう思って、心底悩んでいました。

それには理由がありました。

  • 親の都合でじっとしていて欲しいと思っていた。
  • 周囲の目を気にして、恥ずかしいと思っていた。
  • 物を買い与えることを続けていたから、子育ての上でしてはいけない交換条件になっていた。

もちろん、自分の子どもが周囲に対して配慮できる、しっかりとした大人へ成長して欲しいと願ってはいました。

ですが、食事の後に歩き回る子どもに対し『今・この場所で、そのことをきちんと教えなければならない。』そういった想いまでは、持っていなかったのだと思います。

きっと、そういう親の身勝手な感情が伝わってしまっていたことで、息子は言う事を聞かなかったのだと感じます。

それも、小学校へ上がると自然になくなりましたのでほっとしましたが、当時は『よその子のように、何故いい子にしておいてくれないのか?』とできるだけ外食を控えるようにもしていました。

親の言うことを聞く素直ないい子?

でも、その逆に食べ終わっても、じっとしている子どもは、本当にいい子だと言い切れるでしょうか?

もちろん公共の場で、親の言う事をきちんと聞ける子どもは、いい子であると言えます。

ですが、以下のような状態だとどうでしょう?

  • 感情表現が薄く、常に親の顔色を伺っている。
  • 何でも親に確認しないと、行動することができない。

よそのお家へ遊びに行っても、遊びたいと思ったおもちゃを出すことを躊躇し、親の顔色を見るような子どももいます。(参考:子どもが笑わない原因は!?笑顔の大切さを教えるために必要な事

スポンサーリンク

子どもならではの屈託ない笑顔や、元気な様子がない子どもは、母親に嫌われたくないがために『いい子を演じている』という可能性があります。

一概には言えませんが、【愛情不足】が『いい子でいなくてはいけない。』と感じさせている状態かも知れないのです。

子ども本来の姿

子どもは本来、のびのびと過ごすものですね。

  • 嬉しい時は、手放しで喜び笑う。
  • 悲しい時や不快な時は、周囲を気にせず大泣きする。
  • 嫌な時は、怒りを身体全体で表現する。

赤ちゃんの頃がそうだったはずです。お腹が空けば所構わず泣き・オムツが濡れたと泣く・笑顔であやすだけで満面の笑みを浮かべる。

それがどんどん色々なことを学び、少しずつ性格が形成されていくのですから、覚えたての3歳・4歳でそんなところまで全て理解できるわけがありません。

『いい子』というのは、その子ども本来の姿で【まっすぐ素直に育ってくれること】こそを言うのではないでしょうか。

『いい子』に隠された将来的なリスク

小さな子どもが、親の顔色を伺って『叱られるから、いい子にして座っていなきゃいけない。』とじっとしていたとします。

親は『いい子』だと感じますが、それは自分にとって都合が良いからということになりますね。

小さいうちから人の顔色を見て行動すると、先に述べたように『感情表現』が薄くなります。感情や自分のやりたい事を抑制している状態なのです。

最も人格を形成する大切な時期に、自分を抑制しているまま、大人に成長してしまうとどうでしょうか?一度出来上がってしまった人格は、なかなか変えることはできません。

様々な要素が組み合わさり、多くの悪影響が出てきます。

  • いつでも誰かの顔色を伺う。
  • 感情をうまく表せなくない。
  • 自分に自信がなく、行動力がない。
  • 誰かに依存して甘えきってしまう。
  • いい人間でいるために嘘をつく。
  • 自分は我慢をし続けてきたから、自分が一番不幸だと思う。
  • 人の気持ちが理解できず、自分のことしかわからない。

このような人格になってしまう恐れがあるのです。

冒頭でお話したように、『こんな子に育てたい。』と思っていた全てが、真逆になってしまいます。

『いい子』に育てるために必要なこと

『いい子に育てる』とはどういう子?子どもをコントロールしようとしていないか?

子育てが終わった今でこそ、言えることではありますが、自由にのびのびと過ごす子どもを抑制しないで下さい。

もちろん公共の場で暴れまわったりすることはいけませんが、私のように外食先で歩き回ったり暴れたりする場合は、食事を終えたらすぐ店を出ることで、対処します。

「せっかくの友人との楽しい時なのに・・・。」そんな時は、ご両親や一時保育で預けたり、パパがいるときに出掛ける・自宅で集まる・このようにするのが好ましいですね。

子どもは、大人の都合で『いい子』でいることはできません。それに、言う事が聞けるかどうかには、個人差があります。

2歳でわかる子もいれば、6歳になってやっとわかってくるという場合もあります。

大人がコントロールできる『いい子』にしようとするのは、ただ言いなりにさせているだけになってしまうのです。

自然にじっとできるいい子になっていくことを信じ、愛情を持って接していれば、1つ1つ年齢を重ねると共に必ず成長していくのではないでしょうか。

先日、18歳になった娘と話をしていました。

「ねぇ。いい子・いい人って何?」と尋ねると、娘はこう言いました。「人の気持ちを思いやれるって事じゃないかな?」

私の思いは、子どもに届いていたんだなと、胸がいっぱいになるひと時でした。

親の願いは必ず届くでしょう。【スキンシップの大切さ】子どもに親の愛情を伝える方法はこれしかない!!

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
JUN
JUN
23歳と18歳の子を持つ母であり、日々何かに気づきを得る毎日を過ごすメンタルアドバイザーJUNです。 子育て・恋愛をはじめ、様々な視点から人の心理の根本を追求していきます。

高齢者に抗がん剤を使わない!厚労省が「がん治療の新しい指針」を作る予定です

脱ゆとりで公立中学教員の6割が過労死ライン超え!その原因と改善案3つ

関連記事

  1. 簡単!上手なホッケの食べ方

    大きくておいしいホッケは、ご飯と合わせるだけでも十分な魚です。あまり焼き魚を食べ慣れてい…

  2. クレジットカード現金化は違法なのでしょうか

    新しい借金の形態としてクレジットカードの現金化?略してクレカ現金化と称する方法が広がっています。…

  3. いまさら聞けない?巷で流行るフィンテックとは何か

    ビジネスパーソンなら知っておきたい用語があります。例えば巷で流行っているのがフィンテックです。…

  4. 山本彩が兼任解除でNMB48専任って…どんなシステムなの?

    4月13日、大阪市内で行われたNMB48の劇場公演にて渡辺美優紀の同グループからの卒業、そして山本彩…

  5. 2017年の気になるおせち事情 おせちは買う!予算は1万円台!!…

    ハロウィンが終わり、10代・20代を中心とした独身貴族たちが次に気になるイベントはと言えばクリスマス…

  6. 婚活を考える男女のまとめ

    女性婚活女性の場合、婚活に力を入れているのは、アラフォー世代がとても多いです。30代にな…

  7. もう飛んでますよ!花粉症を侮ると怖い3つの災難

    まだ1月下旬。もう1月下旬?どう思うか。2016年の幕開けは暖冬でした。しかしこの週…

  8. 色彩心理チェリーピンク編

    チェリーピンクを色彩心理の面から見てみるとしましょう。 チェリーピンクは基本的にピン…

最近の記事

  1. ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?
  2. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点

amazon

PAGE TOP