menu

40 views

まだ間に合う!就活における企業選びのポイントは中小企業です

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 645

2017年も6月1日から大学生の就職活動、いわゆる就活が始まりました。日本経済新聞の報道によれば6月6日時点で内定率は既に63%だとか。出遅れて焦っている学生さんもいそうですが、慌てないことです。
就活における企業選びのポイントは、今だから中小企業です。

「大企業の歯車になるより中小で自らが社会を変えていく!」
そうした夢と志を持てる人が、就活で最終的な勝利を得るでしょう。
40年後の自分を想像かつ創造しよう!それを考えてみると、ヒントがありそうです。

現実的な夢をもつことが就活の勝利を招く

平成生まれの若者たちには夢がないようです。理由として、生まれてから好景気を経験していないからとか。そういう問題でしょうか。単なる言い訳です。逆にネットやスマホの普及によって何でもできる時代になっています。ちょっと考えれば?さまざまな夢が見えてきそうです。

もちろん理想も大切です。若いから言える青臭いこともあります。しかし就活に際しては、実現が可能な夢をもつことがカギです。ただ社長になる!ではなく具体的なプランを企てましょう。そこにオリジナリティがあれば、履歴書や面接で目を引くでしょう。

とはいえ実際にどうすればよいのか?それこそ発想力です。小さい時から培うべきなのです。暗記中心の横並び学習で進んできたエリートたちには難しいかもしれませんが、物事を違う視点から眺めてみる?思い込みを一度捨ててみることをオススメします。

就活するなら中小企業!自らの才能を試そう

寄らば大樹ではありますが、今の時代、大手企業でもあっさり倒産します。リストラも大胆に行われます。そこで生き残る自信はありますか?それよりも日本は中小企業大国です。そこで自分の才能を試してみましょう。たとえば中小企業には次のようなメリットがあります。

1.自分がリーダーになれる

「大企業の社長になる!」
そうした大志を抱く若者は少ないようです。もちろん確率的に考えて可能性は低いですね。同期社員の中でも役員まで昇進できる人はほとんどいないかもしれません。昨今は外部取締役が増えています。出世レースが途中で終わることもまれではありません。

とはいえ中小企業を選べば、自分がトップに立つことも可能です。老舗の同族企業なら難しいかもしれませんが、新しい企業では若い人でも幹部になれます。鶏口たるも牛後となるなかれ!リーダーになりたいなら、中小企業がオススメです。

2.アットホームな環境がある

中小企業にもさまざまなレベルがあります。業種によっても異なりますが、中小企業庁の定義は以下の通りです。

サービス業だと資本金1億円以下もしくは従業員100人以下、製造業でも同3億円以下または300人以下

社員数が少ないのでアットホームな雰囲気があります。すぐに社員同士が親しくなれるでしょう。協力しやすい環境があります。そして一致団結して企業を成長させることも可能です。困った際、親身になってくれます。

3.日本経済の隠れた主役である

大企業の特許取得件数も多いでしょうが、中小企業には文字では表せない匠の技術があります。それこそが日本の製造業、すなわち高度経済成長を達した原動力でした。昨今日本の景気が停滞している理由は、中小企業の衰退?製品を作る力が衰えたことです。

もちろん先進国になれば第三次産業が伸びるのは経済原則でもあります。ただしモノ作りができない国は後退します。現代生活を支えるIT技術であっても、ソフトを含めたモノを支配した企業が世界を制しています。

どんな大企業であっても、たとえばアップル・マイクロソフト・ソニーやパナソニックも、元はガレージから始まった中小企業です。小回りが利くので、今必要な技術を作り出せます。オリジナリティと固執しない柔軟性があれば、長期にわたり第一線で活躍できます。中小企業にはだれでも活躍できるチャンスがあるのです。

スポンサーリンク

就活における中小企業のデメリットも知っておこう

日本の中小企業には、現代の若者にとって苦手な部分もあるでしょう。そこも知っておくべきです。

1.景気に直接左右される

中小企業は、景気に直接左右されます。大企業にとっての捨て駒となります。景気が悪いと真っ先に契約を切られます。特に日本では系列が重視されています。そこから外されてしまえば、仕事をなくすリスクがあるのも事実です。

昨今見聞きしなくなりましたが、アベノミクスが主張していたトリクルダウン理論が万が一成功したとしても、中小企業まで行き渡るには数年かかります。それまで耐えられる資金力や忍耐力があるか。老舗ブランドだけでは生き残れない現実があります。

2.ワンマン社長も多い

アットホームの裏返しがワンマンかもしれません。独裁的な社長がいるでしょう。言い換えるとそうした剛腕が、中小企業を支えているのです。大企業のような合議主義、決定力の遅さでは、生き残っていけないのです。

そのため社長との相性が悪い、意見が対立するといづらくなります。とくに昨今の若者は、怒られることに慣れていません。すぐにパワハラと思うようです。そもそもそんな風に考えていれば、勤めを続けられるわけがありません。愛のムチは死語ですか?見込みがあるから怒っているのです。それに気づきましょう。

一方で狭い世界です。何か社内トラブルがあれば、こちらもいづらくなります。不倫やお金の貸し借りなどは控えましょう。

3.給与水準は低い

大手に比べれば月収やボーナスは少ないでしょう。各種の手当ても不十分です。生涯賃金は大手に負けます。お金目当ての就職であれば、中小企業を外すべきです。とはいえ待遇を重視する気が満々に見えてしまえば、大手なら面接で落とされます。

何のために働くか?今一度考え直すべきでしょう。企業としては、会社を成長させてくれる人が必要です。そうした人材を探しています。お金目的、自分の福利厚生を優先する人を採用する企業などありません。

夢を食べて生きることはできませんが、やはり好きなことを仕事にした方が、納得できる人生になるでしょう。定年を迎えた時、どんな気持ちでいたいか?それをイメージすることが、遠回りではありますが、就活で成功するポイントです。

就活では柔軟な発想をしよう

6割が既に内定している?言い換えると、まだ4割は未定です。柔軟な発想をしましょう。焦ると余計にネガティブになります。そうした姿勢が面接官に見透かされてしまいます。ピンチに動じない人材を、企業は求めているからです。

過信は禁物ですが、根拠のない自信も若者の特権です。堂々と自分をPRしましょう。就活とは、自分という商品を営業することだからです。自分を評価しない会社など、こちらから願い下げ!思い上がって横柄であったり、人を見下して礼を欠いてはいけませんが、気持ちの切り替えも必要です。

もちろん口下手、あがり症などもありますが、自分の長所は何か?それをまず分析しましょう。短所だらけ!嘆くことはありません。裏を返せば長所です。たとえば

  • 短気 → 情緒豊かで共感力がある → 実は営業職に最適
  • 神経質 → 緻密な仕事ができる → 研究職には必須の資質
  • 口下手 → 口が堅い → 個人情報を扱う部門で求められる
  • あがり症 → 感受性が高い → 新商品開発で芽が出るかも
  • ヲタク気質 → 専門性に優れる → 調査部門で活躍する

これからの社会で求められる能力は、こうした発想力です。

就職のミスマッチを防ぐには

昭和の人間には想像できないような熾烈(しれつ)な就活を終えたにもかかわらず、3年以内に3割の新人が辞めていくとか?そうしたミスマッチはなぜ起きるのでしょうか。陳腐な言い方ですが、夢がないから、福利厚生だけを重視しているからでしょう。

今からでも遅くはありません。十分間に合います。ミスマッチを防ぐために、自分は何をしたいのか?冷静に考えてみましょう。それから企業選びを始めましょう。100%の成功はありませんが、100%の失敗もありません。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

祝出産!赤ちゃん誕生!その裏にあるパンダの繁殖が難しい5つの理由

ヒアリが神戸港から日本へ上陸!家にアリが侵入するのを防ぐには

関連記事

  1. アコムとプロミスまとめ

    大手消費者金融「アコム」と「プロミス」皆さんは、消費者金融大手5社をちゃんと把握していらっしゃい…

  2. 参議院選の結果から見て主権者教育は成功したのか

    2016年7月10日、無事参議院選挙が終わりました。結果は、予想通りでしょう。一方で今回は選…

  3. 茶髪は悪い事なのか?都立高が地毛証明書を出させる5つの理由

    茶髪禁止!とは言えない事情が学校にもあるようです。そのため東京都立高校の6割で地毛証明書を出…

  4. 脱ゆとりで公立中学教員の6割が過労死ライン超え!その原因と改善案…

    テレビなどでも報道されていますが、文部科学省は2017年4月28日、教員勤務実態調査の結果を公表しま…

  5. 【大学入試改革】文科省が国語記述式テスト案を提示!受験生の対策は…

    2020年には様々なことがあります。その一つが大学入試改革です。具体的な内容がなかなか決まらないので…

  6. 算数と数学は違います!中学生がつまづく5つのチェックポイント

    中学校で登場する数学は、小学校で学ぶ算数の延長だと思っていませんか。それは大きな間違いです。そんな単…

  7. 食品の製造方法まとめ

    アイスクリームは天気と相談夏になると消費が増えるのは?大人ならビール!老若男女を問わずア…

  8. 「こども保険」は正しい政策なのか?その前にやるべき5つのこと

    人気政治家が示す提案であれば、だれもが安心してしまいそうです。たとえば「こども保険」です。保育所に落…

最近の記事

amazon

PAGE TOP