menu

44 views

臭いの原理から考える脱臭剤や消臭剤の選び方

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 935

臭いに敏感な世の中となりました。少しでも汗臭いと白い目でにらまれます。人間の汗臭に関しては制汗剤などを使うべきなのでしょう。一方で家の中はどうするか?設置型やスプレータイプの脱臭剤や消臭剤が人気です。

とはいえどんな製品でも効果があるのでしょうか?まずは臭いの成分ごとに考える必要がありそうです。具体的な選び方も考えていきましょう。

芳香剤、脱臭剤、消臭剤の違いは何か

ちまたにはさまざまな臭いを消す製品が売られています。とはいえ芳香剤、脱臭剤、そして消臭剤など、いったい何が違うのでしょうか?芳香剤・脱臭剤・消臭剤は、厚生労働省による定義があります。具体的な定義は次の通りです。

芳香剤

空間に芳香を付与するもの
もちろん芳香の定義も難しいでしょう。香水も、強すぎると悪臭になります。言い換えると芳香剤の原理は、強力な臭いによって嫌な臭いをごまかします。

脱臭剤

臭気を物理的作用で除去又は緩和するもの
臭いを取り除く方法に重きが置かれます。基本的な仕組みは活性炭などを使って臭いの源になる物質を吸着させるものです。空気中を漂う物質をフィルターでこします。ある意味ではエコな対処法です。

消臭剤

臭気を化学的、生物的作用等で除去又は緩和するもの
臭いを化学反応によって分解し消します。触媒を使う方法もあるでしょう。化学薬品を利用するので、毛嫌いする人もいそうです。

防臭剤

具体的な定義はありませんが、臭いの発生を予防します。
生ごみを微生物で分解する、トイレではアンモニアを発生させないことを狙っているようです。

臭う仕組みは気体が鼻の粘膜に付くことです

次に臭いとは何でしょうか?すべての物質に臭いがあるわけではありません。例えば空気は臭いません。空気の主体は窒素と酸素ですが、単なる元素は臭いがありません。水素も同じです。勘違いをしがちですが、硫黄自体は臭いません。

臭いに対して個人差がありますが、それは個々人が持っている鼻に原因があります。臭う仕組みは、空気中を漂う臭い物質が鼻の中にある粘膜に触れます。そこから嗅神経を通って脳へ「臭い」として伝えられます。この閾値(いきち)によって個人差が生まれます。

そのため空気中を漂う物質、すなわち常温で気体の物質が臭いの原因です。例えば硫化水素です。いわゆる温泉の臭い、卵が腐ったような臭いの源です。またアンモニアも有臭気体です。調味料の酢も酢酸が蒸発した際に気体となって臭います。

なお人間の嗅覚には慣れがあります。長時間も同じ臭いを吸い続けている、もしくは繰り返されると、基準になる閾値が上がるようです。そうして慣れさせるのも臭いを感じさせない方法の一つです。

臭いの成分ごとにみた脱臭・消臭剤の選び方

代表的な臭い物質別に、特徴、発生場所、脱臭や消臭の原理、そして具体的な製品の選び方をまとめてみましょう。

1.アンモニア臭

(1)臭いの成分

悪臭の代表はアンモニアでしょう。わかりやすい表現は、汚れたトイレの臭いです。発生源は人間の排せつ物です。体が代謝する過程で生じた有毒のアンモニアを肝臓で尿素の形にして排せつします。

尿素は体外へ出ると、一部が二酸化炭素とアンモニアに分解されます。それが便器に付着します。なおアンモニアは空気より軽い気体なので、発生すると顔当たりの高さまで上昇するようです。だから余計に臭く感じるのです。

(2)主な発生場所

トイレ、台所、ペットがいる部屋、タバコ

(3)臭いを消す原理

最も効果的な方法は、空気より軽いので換気をすることです。また活性炭などに吸着させる方法が現実的です。

(4)製品の選び方

アンモニア臭には活性炭などの脱臭タイプが適しています。ただし棚など上方に設置しましょう。

2.硫化水素臭

(1)臭いの成分

生ものが腐った臭い、温泉臭の原因は硫化水素です。硫黄が成分にあるため大元はタンパク質です。典型的なのが卵や魚が腐敗した臭いです。強いと目を刺激し、吸い過ぎると人体にとって有害です。

硫化水素から作られるのがメチルメルカプタンです。こちらはチーズや玉ねぎなどの臭いです。食べたものを消化する途中に腸内でも作られるため、おならにも含まれています。

(2)主な発生場所

キッチン、トイレ、風呂などの排水溝

(3)臭いを消す原理

生臭さは重曹で中和されます。またユーカリ成分とメチルメルカプタンが反応すると臭いが緩和されるようです。そういう意味では芳香剤でも硫化水素の減臭効果は期待できます。

かつて用を足した後、マッチを擦って臭いをごまかす!そんな方法がありました。この原理は、硫化水素がマッチに含まれる二酸化硫黄と反応し、水蒸気と無臭の硫黄に変わると考えられています。

(4)製品の選び方

基本は活性炭などで脱臭するタイプです。居室であれば芳香剤も選択肢に入ります。風呂やキッチンであれば排水溝などをこまめに洗うことが重要です。

ちなみに市販の重曹を空のビンに入れ、ふたをせずそのまま放置しておくと、簡便安価な脱臭剤です。水分を吸って表面が硬くなりますが、砕いて解せば脱臭効果が続きます。

3.タバコ臭

(1)臭いの成分

喫煙者でも他人のタバコ臭は気になるようです。
主な成分は、

  • ニコチン
  • アセトアルデヒド
  • 硫化水素
  • アンモニア
  • ビリジン

などです。
その他にも数百種類の物質が混ざっているとも言われます。つまり単独の臭いではなく混合臭です。

(2)主な発生場所

もちろんタバコ、居室

(3)臭いを消す原理

壁が黄色くなっていれば、そこが発生源です。まずは掃除をしましょう。混合臭なので、化学的に分解する方法では限界があります。そのため活性炭に吸着させる方法が現実的です。

(4)製品の選び方

活性炭を使った脱臭剤や重曹も効果があります。とはいえ混合臭なのでヘビースモーカーの部屋では限界があります。ただしタバコ専用の消臭剤が売られています。試してみるのも一考です。

4.カビ臭

(1)臭いの成分

カビが繁殖に際して発生させるガスが原因です。例えば墨汁のような臭いの原因は2-メチルイソボルネオール、また泥のような臭いはジオスミン(ジェオスミン)です。

(2)主な発生場所

キッチン、風呂、居室、下駄箱

(3)臭いを消す原理

乾燥した部屋であれば活性炭などによって脱臭します。とはいえ風呂など湿気が多い場所で臭い消しは使えません。こまめに風呂掃除をしてカビが生えないように防臭しましょう。

スポンサーリンク
(4)製品の選び方

間接的ではありますが、除湿するとカビの繁殖を抑えられます。居室であればシリカゲルなどの乾燥剤も有効です。湿度60%以下に保てば、カビの繁殖は衰えます。

市販の重曹を置く、または水に溶かしてスプレーする方法も有効です。

5.油臭

(1)臭いの成分

揚げ物などをすると発生するのが油臭です。また魚を焼いた際にも残ります。臭いの成分は油です。それがキッチンの壁や床、特にカーペットやカーテンなどの布製品に付着します。ヌルヌルした手触りがあれば、油があります。

機械油の臭いもあります。モーターを使った家電などは酷使すると潤滑油の焼ける臭いがします。暑い部屋でパソコンを使うと、ハンダが焼けたような臭いもあります。火事になる危険も否めないので、たまには休ませてあげましょう。

(2)主な発生場所

キッチン、電化製品、車庫

(3)臭いを消す原理

基本は付着した油を取り除くことです。キッチンや壁ならば洗剤で掃除しましょう。カーテンなどもこまめに洗いましょう。ただしお茶に含まれるポリフェノール類、例えばカテキンは油臭の成分を吸着する作用があります。

(4)製品の選び方

活性炭系の脱臭剤、またはお茶成分が含まれているスプレータイプが効果的なようです。

6.食品臭

(1)臭いの成分

臭いがきつい食品の臭いをまとめたものです。単一食品では問題なくても、いろいろな食べ物が組み合わせられて悪臭へと変わることもあります。個人的な好みによって好き嫌いが分かれるので、ムリに消す必要はないのかもしれません。

臭いが強い食品といえば、カレーなどのスパイス系です。調味料は、そもそも腐りかけた食品の臭いを消すために用いたことが始まりです。上述の定義でいえば、それ自体が芳香剤に該当するかもしれません。

(2)主な発生場所

キッチン、食品庫、冷蔵庫

(3)臭いを消す原理

冷蔵庫であれば活性炭などを使った脱臭が有効です。ただし空気の通り道が少ないと脱臭効果がなくなります。防臭法として、冷蔵庫に食品を詰め込み過ぎない方が有効でしょう。

また臭いの成分が他の食品に移ってしまうことがあります。一般的に臭いが強い食品は保存性が高いと考えられます。そのため常温保存の方が適しているかもしれません。食品のパッケージに記されている保存方法を確認しましょう。

(4)製品の選び方

活性炭を使った脱臭剤が最適です。食品を扱うので、化学物質を使った消臭剤は避けましょう。個々の食品をビニールやラップで覆うなどの防臭法も有効です。

7.ガス臭

(1)臭いの成分

家庭用ガスの成分であるメタンやプロパンは、もともと臭いがありません。とはいえガス漏れしたらすぐにわかるように、現在では意図的に臭いが付けられています。それがいわゆるガス臭です。大量に吸い込むと、気分が悪くなることもあります。

具体的な成分は玉ねぎが腐った臭い?ターシャリーブチルメルカプタン、ニンニクの臭い?ジメチルサルファイド、そして石炭の臭い?テトラヒドロチオフェンなどが使われています。これらは異臭と感じますが、だからこそ意味があります。よい香りなら、だれも危機感を抱かないからです。

(2)主な発生場所

キッチン、ガスや灯油などを使った暖房器具を使用している部屋、車庫(排気ガス)

(3)臭いを消す原理

ガス臭は、ムリに消してはいけないでしょう。ガス漏れを防ぐ意味があるからです。言い換えると、ガス臭がきついならば、契約しているガス会社と相談しましょう。本当に漏れている可能性もあります。

過敏になりすぎてもいけません

臭いは慣れもありますが、過敏になりすぎると、ないはずの臭いを感じてしまうこともあるようです。典型例は思春期における自臭症です。ここまでくると他人が否定しても納得できなくなります。潔癖症にも通じますが、多少の臭いとは仲良く付き合った方が、精神的にも落ち着きます。臭いの基準は、人によって違うからです。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

【上達する英語勉強法】英英辞典を使って本当の英語力を身につけよう

ママ友の作り方解説!根本さえきちんとしていればすぐできる!ママ友の作り方解説!根本さえきちんとしていればすぐできる!

関連記事

  1. 日本が発見した113番元素の命名はニホニウムで決まりそうです

    2016年の正月にトップニュースとなってから約半年、ようやく113番元素の名称が決まりそうです。…

  2. 地震の予測や評価、公表の方法を見直す時に来ているようです

    2016年の夏、国が地震に関する基準などを見直し始めています。まずは8月15日、政府の地震調査研…

  3. てんぷら火災が起きたら?科学的にやってはいけない3つの方法

    2016年3月4日は、春の火災予防運動期間の中日です。唐突ですが、自宅に火災警報器は設置されてい…

  4. 木星でもオーロラを観測!オーロラの原理とは

    アメリカ航空宇宙局NASAは、2016年7月2日、木星の北極付近で光るオーロラの映像を公開しまし…

  5. 重力波を再観測!ブラックホールの合体は頻繁に起きるようです

    2016年のノーベル賞候補でもある重力波が再観測された!アメリカの国際研究チームが再びやってくれ…

  6. 殺虫剤が効かない耐性型ゴキブリの防除法

    昨今は殺虫剤が効かない耐性型のゴキブリが増えています。メーカーはいろいろ工夫しているようですが、スプ…

  7. リチウムイオン電池とは何か?なぜ問題視されないのか

    韓国サムスンが作ったスマホで発火事故!大きなニュースとなりました。原因はリチウムイオン電池か…

  8. アメリカ版はやぶさが目指している小惑星とは何か

    現地時間の2016年9月8日、アメリカ航空宇宙局NASAは、小惑星を目指す無人探査機オシリス・レ…

最近の記事

  1. ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?
  2. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点

amazon

PAGE TOP