menu

42 views

プエラリア・ミリフィカとは何か?サプリメントはどこまで科学的なのか

スポンサーリンク
この記事の所要時間: 78

2017年7月13日に国民生活センターは、プエラリア・ミリフィカを使ったサプリメントの使用に対する注意喚起を行いました。過去5年間に209件の相談が寄せられたようです。
美容を目的とした「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品-若い女性に危害が多発!安易な摂取は控えましょう-(発表情報)_国民生活センター

サプリメントをどこまで信じるか?難しい問題です。面倒ではありますが、使用前に医師または薬剤師と相談するのがベストです。今回の問題点についてまとめてみましょう。

プエラリア・ミリフィカ被害の概要

1.209件の相談がありました

国民生活センターへの相談があっただけで209件です。たぶん氷山の一角に過ぎないでしょう。ちょっと使って効果がないから?服用を止めた人も多いはずです。今回のニュースを見て、「自分も!」思う人が出てきそうです。

2.主な被害は消化器系症状

具体的な健康被害は、主に女性ですが、最も多いのが下痢や腹痛、嘔吐などの消化器症状でした。36%の人に見られました。続いて発疹が現れるなどの皮膚障害が28%です。さらに月経不順や不正出血などの女性特有症状が16%です。

なおサプリとの因果関係はわからないと医師に言われたそうですが、何らかの異常を感じて医療施設で診てもらうと、

  • 子宮内膜が厚くなっている
  • 乳腺症と診断された

などもあったようです。

3.若い女性が半数を占めます

被害者の年代を見てみると、

  • 10歳代が18%
  • 20歳代が33%

合わせて半数を占めます。もちろん若者の方が訴える傾向にある?中高年は諦める?そうした年代別の特性はあるかもしれません。

バストアップなどをうたった製品もあったとのことなので、若い女性が飛びついたのでしょう。そもそも薬でバストアップが可能なのか?知識に疎い若者が引っかかりやすい商法には注意が必要です。

プエラリア・ミリフィカとは

今回問題となったプエラリア・ミリフィカとは何でしょうか。国民生活センターとは別に、下記サイトでは分析結果を記載しています。
プエラリア・ミリフィカ|「健康食品」の安全性・有効性情報〔独立行政法人 国立健康・栄養研究所〕
この国立健康・栄養研究所のサイトは化学成分の有用性を調べる際に重宝します。サプリを服用する前に一度チェックしてみることをおすすめします。

1.クズに似たマメ科植物です

プエラリア・ミリフィカとは、主にタイで自生しているマメ科植物です。難しそうな名前は同植物の学名Pueraria candollei var. mirificaです。和名はありません。日本で知られている葛(くず)に近い植物です。塊根(かいこん)と呼ばれる肥大した根を作ります。そこに栄養素が蓄積されています。

女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをする成分が含まれているため、現地でも女性の美と健康を保てる!民間療法として使われています。もちろんマメと言えば、大豆イソフラボンが有名なので、なんとなく納得できそうです。

2.現地ではガウクルアと呼ばれています

英語ではwhite kwao keurであり現地ではガウクルアと呼ばれているそうです。そのためサプリメントもこの名称を使っているタイプがあります。プエラリアのみならず、こちらの方もチェックしてみる必要があります。

なお紛らわしい植物に赤ガウクルアもありますが、こちらは全く別種です。当然ですが日本の葛に、そのような効果は期待できません。葛餅や葛湯を飲んでもバストは大きくならないはずです。

3.そもそもは更年期障害対策です

女性ホルモン様の働きをするサプリメントは多く売られていますが、その主な目的は更年期障害対策です。一部には豊胸を謳う製品もあるようですが、科学的な根拠はありません。

そもそも若い女性であれば十分量の女性ホルモンが既に分泌されています。さらにサプリで増強すると、ホルモン過剰のリスクが高まります。ホルモンは多すぎても少なすぎても害があります。バストは薬では大きくなりません。

スポンサーリンク

プエラリア・ミリフィカ自体も、日本人にとって効果が強く出すぎるようです。そのため過剰摂取による副作用と考えられる症状がほとんどです。今回のケースに限りませんが、輸入品なら注意しましょう。白人向けの製品なら、日本人には強すぎます。

4.関係するサプリは多数売られています

国民生活センターが調べたのは下記12銘柄です。

  • プエラリア・ミリフィカ(株式会社オーガランド)
  • ボディデザインサプリメント(オリヒロ株式会社)
  • エンジェルアップ(株式会社オンライフ)
  • プラエリアB-up酵素(株式会社サプライフ)
  • 濃縮プエラリアミリフィカ(株式会社ディーエイチシー)
  • レディーズプエラリア99%(株式会社ピュア・メディカル)
  • ぷるるん女神(株式会社FORDELソリューションズ)
  • B-UP(株式会社ミーロード)
  • ぎゅーっとプエラリア(株式会社メディアハーツ)
  • High Speed Pueraria 100(合同会社クロスシェアリング)
  • プエラリア・ハーバルサプリメント(株式会社ナチュラルプランツ)
  • ベルタプエラリア(株式会社ビーボ)

これらを選んだ理由は、ネット検索して上位に入り、かつ含有量が多かったからです。ということは、調査対象から外れた製品も多いでしょう。

実際にニュースが流れた翌日、2017年7月14日の朝、ネットで検索しても、未だ大量の製品が検索上位に表示されます。中には著名なサプリ会社の製品もあります。会社を信じて使い続けている人が今でもいるかもしれません。

5.実際に有効成分が入っているかは不明

現状においてプエラリア・ミリフィカが日本で栽培されているのか?疑問です。そもそも現地の人でも、似た植物がたくさんあり、どれが本当の植物なのか?鑑別するのが難しいようです。

国民生活センターの成分分析結果でも、表示内容が不明確であったケースがあるようです。言い換えると、どこまで本当の物が使われていたか?逆に有害成分が混じってしまった可能性も否めません。

東南アジアは民間療法の宝庫です

東南アジアやインド、アフリカなど一般の日本人にとって未知なる地域は多いでしょう。そうしたところで使われている民間療法は、なんとなく気になるものです。秘薬!そう言われてしまうと、使ってみたくなるのが人間の性(さが)です。

中でもインドには、世界最古の医学書とも言われるアーユル・ヴェーダがあります。そこに記載されている!そう謳われたら、信じてしまうかもしれません。もちろん科学的根拠は不明です。

私的な体験で恐縮ですが、マレーシアやインドネシア、そしてタイの街中には民間薬を売る薬屋が多数軒を連ねていました。籠を背負って売り歩く行商の女性も少なくありません。それを信じて使い続ける現地の人も多かったと記憶しています。

もちろん効果があったのでしょうが、それは現地の人だからかもしれません。長年使われてきたから、身体がそのように反応するのでしょう。外国人が使っても効き目は同じなのか?それは未知数です。

民間療法は非科学的なのか

日本にも民間療法は多くあります。とはいえ最新の研究によって、効果がなかった?そんなパターンが少なくありません。それでも科学を信じるか?伝統を信じるか?信じる者は救われる?プラセボ効果も否めません。

長年使われ続けている成分は、何らかの作用があるのかもしれません。単に現状の科学が未熟であり有効成分を見い出せていないのでしょう。東洋医学である鍼灸や漢方薬でも、具体的な作用機序がわからないけど効果を認めざるを得ないケースは少なくないからです。

とはいえ副作用があれば、早急に使用を止めるべきです。西洋医学が用いる化学薬品であっても、体質によって健康被害が出る事例があるのも否めない事実だからです。

誰を信じるべきなのか

サプリメントに限ったことではありませんが、誰を信じるべきなのか?医師が監修した健康食品なども売られています。もっともらしいグラフを示していますが、専門家が見れば統計学的には認めがたいデータが少なくありません。

個人差もありますが、まずは少量試してみて、何らかの違和感があれば早めに止めるのが賢明です。直ぐに効果が現れるのも怖いですが、1カ月飲み続ければ効果が?そんな謳い文句にも要注意です。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.
たくと
たくと
著者サイトたくとすく~る
生まれつき無関心な子供はいない! そう信じ、学習塾や講習会などで、 科学を楽しく解説しようと日々奮闘しています。 半世紀生きていますが、 気持ちは、今でも夢見る少年です。

ママ友との仲や距離感はどうやって量ればいい?ママ友との仲や距離感はどうやって測ればいい?

ママ友からの誕生日プレゼントの選び方と断り方ママ友からの誕生日プレゼントの最適な選び方と断り方

関連記事

  1. 結膜炎なら飲酒を避けるべし

    結膜炎の時は飲酒を避けましょう結膜炎を深く考えていない人も多いようです。特に大人であれば、眼…

  2. 「可愛い顔」が選ぶ基準?男がタイプじゃなくても好きになる心理

    「可愛い顔」が選ぶ基準?男がタイプじゃなくても好きになる心理

    男の好きは可愛い顔が基準?人はコンプレックスを必ず持っています。特に女性は「可愛い顔」である事を…

  3. 迷惑行為の認識を深めよう!電話する際の最低限必要なマナーとは?

    迷惑行為の認識を深めよう!電話する際の最低限必要なマナーとは?

    電話による迷惑行為 電車内や公共の場での、所構わず行われる迷惑電話。 車に乗りながら…

  4. 肌と目元のまとめ

    リキッドファンデーションの使い方リキッドファンデーションに注目しているという人も多いのではないで…

  5. 治る認知症がある?慢性硬膜下血腫に注意しましょう

    最近頭を打ちませんでしたか?物忘れするのは、それが原因かもしれません。特に高齢者の人たちは注…

  6. 産後の結膜炎には注意しよう

    出産後の結膜炎には注意しましょう現代ではあまり意識することもなくなりました。しかし出産は一大…

  7. 静脈瘤を予防する5つの方法

    静脈瘤は聞きなれない病気です。それでも昨今知られてきたのは?足の血管が浮き出る?下肢静脈…

  8. 慢性扁桃炎検査・診断

    慢性扁桃炎に罹っていれば、その前段階として急性扁桃炎を経験しているはずです。そのため慢性扁桃炎に対す…

最近の記事

  1. ママ友は必要?ママ友なんていらない?どっちが正しい?
  2. ママ友のランチ会に誘われたらどうする?仲良くなるための注意点

amazon

PAGE TOP