スポンサーリンク

どこの大学へ行きたいですか?
理想を含めて東京大学ですね。
もちろん他にも多くの有用な大学があります。
しかし本当に東大を目指すべき人とは?
いくつかのタイプがあるみたいですよ。

東京大学は何が凄いのか

東京大学、いわゆる東大の何が凄いのでしょうか。
旧帝国大学のひとつ、歴史があるからでしょう。
東京大学の名称になったのは1877(明治10)年ですが、
そもそもは江戸時代、1684年に設立された天文方!
これが源流にあるようです。

世界的な大学ランキング内では、常に日本一!
日本における最先端研究を探していけば東大に至る!
まさに各学界の「灯台」ともなる、憧れの場所です。

東大を目指すべき人とは

数多ある大学の中で、なぜ東大を目指すのか。
もちろん全員が入学できるわけではありません。
とはいえ東大を目指すべき人とは、どんなタイプでしょうか。

1 とにかく東大!そう思う人

第一には、とにかく東大!そう思う人でしょう。
東大以外は大学ではない!そう考える人も多いようです。
子供時代に天才と呼ばれた人は、まず目標にするのでしょう。
周りからも期待されます。

とはいえ大半は、挫折する?現実に突き当たる!
夢破れていきます。
しかしとりあえず浪人覚悟でも受験しましょう。
そうしないと、必ず大人になってから後悔します。
受験することにも意義はあるからです。

2 やるからには一番!という人

何でもやるからには一番を目指したい人!
そういうタイプも、東大を受験すべきでしょう。
東大の中で、さらに一番を目指す!
学部としては文系なら法学部、理系なら医学部!

それ以外の学部は、東大であっても眼中にないでしょう。
もちろん頑張ってください。主席を目指しましょう。
一番を目指す!そういう努力や経験は、
将来必ず、どんな分野でも、役に立つはずです。

3 学者になりたい人

現実的な意味で考えると、学者や研究者になりたい人、
東大を「卒業」することをお奨めします。
つまり現在の慣習?では、
出身校を超えるレベルの大学で働くことは難しいからです。
東大の教授になりたければ東大卒!
ランクを下げることはできますが、上げることは至難の技です。

なお裏技として、最終学歴が東大ならOKです。
すなわち大学院だけ東大へ行く!
意外かもしれませんが、
大学院の試験は、大学入試よりも、難しくないですよ。
地方の私大卒でも、十分に狙えます。
そもそも研究は、場所や肩書きではなく、内容ですけどね。

4 東大でやっている研究に興味がある人

こちらも現実的な理由です。
現在東大で研究していることに興味がある人!
そこで一緒に学びたい人です。
逆に、こういう人こそ東大へ行ってもらいたいですね。

ブランドではなく、実学を重視する人です。
大学はどこ、ではなく、大学で何をしたか!
それこそ社会で求められることです。
やる気があれば、研究は企業でもできます。

5 国立大学しか行けない人

切実な問題ですが、経済的に国立大学しか行けない人です。
ただし首都圏在住であることです。
各道府県に1校以上の国立大学があるからです。
なお東大へは、お金持ちではないと入れない?
親の平均年収は1000万円を超えるとか。

つまり中学から私立の一貫校で学び、
別途塾や予備校に通う必要があるからです。
とはいえ公立高校から、塾へ通わず独学でも?
東大に合格する人はいます。

多くの人は、妥協?諦めてしまう?
他人に頼ってしまうだけです。
限界を自分で決めてはいけませんよ。
東大生にこそ、そうしたハングリー精神が欲しいですね。

スポンサーリンク

東大は希少価値なのか

東大に入った!凄い!思いますね。
しかし東大へは、毎年3000人以上が入学します。
ちなみにトヨタ自動車の新卒採用数は、600人程度。
三菱東京UFJ銀行も、1500人前後です。

本当に東大生は希少価値なのでしょうか。
単なる肩書きだけに頼っていると、
これからの時代は、大変ですよ。

偏差値で決めてよいのですか

大学をどこにするか?
もちろん上を目指すべきです。
とはいえ偏差値だけで決めてよいのでしょうか。

18歳で将来を決めるのは難しいでしょう。
しかし自分のやりたいことをやりましょう。
世の中で認められる人は、そういう人です。

スポンサーリンク