スポンサーリンク

2016年4月19日、小学6年生と中学3年生を対象とした
全国学力・学習状況調査、通称学力テストが実施されました。
もちろん震災のあった熊本近隣では中止です。
そもそも何のためにやっているのか?
やるからには有効に活用すべし!賛否両論あります。
とはいえ子供の学力をどうやって測るのがよいのでしょうか。

学力テストとは

まず学力テストとは何でしょうか。
文部科学省が教育の成果を測る手段のひとつです。

大元を辿れば、1956年に始められました。
とはいえ当時も学校間の競争が激烈化したようです。
高度経済成長期ですから当然かもしれません。
しかし加熱しすぎたのでしょう。1966年に廃止されました。

それでも何らかの指標は欲しくなったようです。
ゆとり教育に対する批判もありました。
そこで2007年に復活です。

ただしあくまでも目安であり、公表したり成績評価には使わない!
それでも現場の意見としては、費用と労力をかけるなら、
相応の活用をすべき!議論が絶えません。

学力の定着度を測る方法とは

子供達における学力の定着度をどのように測るのか。
ベストはなくても、ベターな方法は何があるのでしょうか。

1 もちろん学力テスト

もちろん学力テストは有効なツールです。
でなければやる意味がありません。

ただし問題なのは、対象学年が限られていることです。
中学3年生であれば、入試の資料に使いたいですね。
それが嫌ならば、中学2年生にする!

中3でやりたいならば、高校受験の指標に用いればよいのです。
大学受験で見送られた、機会の多様化になるのでは。

2 定期テストがあるじゃないか

中学生に関しては、定期テストがあります。
それで十分な気もします。
とはいえ学校ごとに内容がバラバラです。
同じ市町村内でも、難易度が違います。

例えば同じ50点でも、難しい学校と簡単な学校とでは、
実力が雲泥の差です。
しかしどちらも内申書では3の評価が付きます。
不公平感はありそうです。
なお小学生に定期テストはありません。

ただし小学校低学年の間に実力の格差、
勉強習慣の有無が定着してしまいます。
ここを改善せずに学力テスト云々は、笑止です。

3 日々の生活に生かされているか

勉強は何のためにするのか?根本的な問題です。
試験のための勉強になっていませんか。
本来勉強は、日々の生活を円滑にするためのものです。

だからこそ、親にとって、子供を教育する義務があり、
子供には教育を受ける権利が授けられているのです。
そこをもう一度、考え直すべきでしょう。
つまり日常生活に支障をきたしていないのか。

独りで買い物ができる。常識的な行動がとれる。
地震などの災害でも慌てない!
学力が定着しているか否かは、
困った時にこそ、明白に見えてきます。

4 入試で一発勝負!

テストのための勉強であるならば、入試で一発勝負!
潔いですね。
学校の定期テストや模試で1番になっても、
東大に入れる保証はありません。

逆にビリギャルでも、東大は無理でしょうが、
単科で目指せる有名私立大学はたくさんあります。
目指すところが何なのか、それによって指標は異なるでしょう。
偏差値は目安にすぎません。

偏差値90!理論上はありえますが、
それは試験問題の内容に、問題ありですね。
それがわからずに、コメントしている人がいる。
これも笑止です。

5 討論する

屁理屈やボケ、突っ込みの応酬になっても困りますが、
討論、いわゆるディベートをするのも一法でしょう。
今流行りのアクティブラーニングです。
大人でもありがちですね。

会話如何で、頭のできが見えてしまいます。
もちろん先生の質が問われます。
そういう意味では、先生は、やりたくないかもしれません。
今の子供達は、変な知識はたくさんありますから。

スポンサーリンク

やらない子をどうするか

学力の定着度をどうやって測るのか。
様々な手法を検討すべきです。

ひとつの方法ですべてを知ることは無理です。
とはいえ、やらない子供をどうするか。

無理やり勉強させるのも問題でしょうが、
やらない理由を調べる方法も、考案して欲しいですね。

スポンサーリンク