スポンサーリンク

今でも夏休みの自由研究はあるのでしょうか。
自由と言いつつも、多くは課題が設定されているからです。
ネットで検索しても、お金のかかりそうな実験キットが多い?
それを使えば、もちろん結果は見えていますね。
とはいえ自由研究は、成功することに意義があるのでしょうか?
今年の夏は、正解のない問題にチャレンジしてみませんか。

世の中は正解のない問題だらけです

学校で学ぶことは、すべて答えがあります。
難しそうな問題集でも、模範解答が付いています。
だからこそ、答えを見てしまいますね。
とはいえ社会に出れば、正解のない問題だらけです。
言い換えると、大人になれば答えはありません。
自分で正解?見出していかなければなりません。
そうした力を、本来は子供の間に培うべきです。

昔の子供たちは、大人に怒られながらも、
様々なことにチャレンジし、成長していきました。
今年の夏は、子供に答えを教えない方がよいかも。

次のお題にチャレンジしませんか

世の中は、わかっているようで何もわかっていません。
例えば次のようなことを考えてみましょう。
ネット上では、知ったかさんも多いですが、
意外?誰も正解を知らないことばかりです。

1.宇宙人や幽霊はいるのか

obake
誰もが知りたいことですが、宇宙人はいるのか?
映画やテレビドラマでは、多くの悪者宇宙人が来ます。
またUFOを発見したとする情報も多々あります。
NASAや米軍が宇宙人の遺体を隠している?
様々な証拠を集めてみましょう。
それを客観的に検証してみましょう。

同じように、幽霊やお化けはいるのか?
科学的調べても、宗教的に捉えても良いでしょう。
理屈で考えていけば、怖いものはなくなります。

2.タイムマシンは作れるのか

tt
ドラえもんを見ていえば、第一に考えることですね。
タイムマシンは作れるのか?
未来に行きたいですか、それとも過去に戻りたいですか。
理論上、タイムマシンはできない!
そう指摘されますが、本当でしょうか。
ただ誰も作っていないだけです。
新しい発想を取り入れれば、可能性はゼロではないはず。
アインシュタインの理論だって、そろそろ覆りそうです。

3.なぜ勉強するのか

study
ほとんどの子供は、親や先生にこの質問をします。
つまり、なぜ勉強しなくてはいけないのか?
学校が休みなのに、塾の夏期講習がある!
本当に勉強は必要なのでしょうか?
もちろん大人でも、何が正解かわかりません。
とはいえ親に尋ねてみれば?
もっと勉強しておけばよかった!
そういう答えが出てきそうです。
ならば突っ込んで、その理由を問いただしてみましょう。
親子で会話する機会を持つことが、
お互いの信頼関係を築く上でも重要です。

4.どうしてゲームは楽しいのか

game
勉強は面白くないし面倒です。でもゲームは楽しいですね。
何が違うのでしょうか?
第三者的に分析してみれば、どちらも同じことです。
つまりルールを探し出し、難題に挑戦するからです。
ハイスコアをクリアした?算数で100点取った!
心理的には同じはずです。
結果としてどちらが将来役に立つか?
それも一概に言えない?正解を見い出せない理由です。

5.カブトムシはなぜ飛べるのか

beatle
身近な問題として、カブトムシはなぜ飛べるのか?
もちろん羽があるからです。
とはいえ使っているのは、いわゆる薄い後ろばね2枚です。
硬い前羽は、実質的に利用していません。
そんな小さなものだけで、あの大きさの物体を飛ばせるのか?
理論では説明できません。
小さいから重力の影響が少ない?本当でしょうかね。

番外編:親はなぜうるさいのか

angry
親はなぜうるさく言うのでしょうか。
もっと自由にさせてくれてもよさそうです。
とはいえ自分も経験してきたことのはずです。
この答えがわかると、勉強しよう!
意欲が湧いてくるかもしれません。

自分が親になった際、同じことを言わないように!

スポンサーリンク

そうした疑問からノーベル賞は生まれます

自由研究ですから、型にはまらないことをしましょう。
答えが見えているキットを使う?まさしくゲーム感覚です。
ゲーム機と何が違うのでしょうか?
ならばゲームでハイスコアを出す研究でもよさそうです。
それより身近な疑問、大人でもわからないことを研究する。
そうした小さな発見から、ノーベル賞が生まれます。

スポンサーリンク