スポンサーリンク

天才と聞いて、誰を思い浮かべるでしょうか。
アインシュタインエジソンでしょうか。
東大生は天才の集まりなのでしょうか。
とはいえ天才は生まれつきではありません。
今からでも天才を育てることが可能かもしれません。

天才とは何か

辞書で調べてみると、天才とは「生まれつきの優れた才能」
もちろんこれでは先天的な能力なので育てることはできません。
とはいえ類似した能力であれば、十分養えます。

そもそもエジソンやアインシュタインは、
生まれつき優れていたのでしょうか?
その時代の人からは疎まれていた?学校に適応できなかった?
成績は良くなかったようですが後日、頭角を現してきます。
そういった能力なら、子供のうち?大人でも遅くないかも?

ちなみに天才で生まれても、その後磨かないためか?
凡人になってしまう人も多いみたいです。もったいない!

天才の育て方

天才のようになるための育て方とは、どうすればよいのか。
そんなに難しくはないみたいです。
ちょっと発想を変えるだけです。それこそが天才なのです。

1.他人の思いつかないことを考える

どうして人は天才と呼ばれるのでしょうか?
計算が速くできるからでしょうか。
様々なことを記憶しているからでしょうか?
かつては天才的な「ちびっこ」を集めたテレビ番組もありました。
そうした子供たちは今、何をしているのでしょうか?
そもそもここで言いたい天才とは、
他人の思いつかないことを考える人です。

エジソンやアインシュタインも、
それまでの理論や社会を大転換しました。
まさしく常識がひっくり返ったのです。
そういう発想ができる人に育てる!
具体的には常識に囚われない想像力を磨くことです。

2.何度失敗しても諦めない

エジソンの有名な言葉「1%のひらめきと99%の努力
このひらめきとは、上述の発想力です。
そして努力とは、諦めないことです。
100回失敗したら、成功しない方法を100回思いついた!
実にポジティブな考え方ですね。
次に成功する!そう思い続けることが大切です。
なお成功した人間とは、どんな人なのでしょうか?
成功するまで諦めなかった人です。
どんなに優れたことを言っても、諦めたら終わりです。

3.他人に何を言われても挫けない

ポジティブな思考につながりますが、
他人から何を言われても挫けない!
日本人に天才が少ない?その理由は、
世間体を気にすることでしょう。

他人から馬鹿にされると、それで止めてしまいます。
せっかくのアイデアが、無駄になってしまいます。
それでも挫けずに頑張る人が、天才と呼ばれるのです。

4.常識と違った答えでも信念を貫く

様々な研究をしていると、これまでの常識とは異なる?
学生や助手が新発見をした!しかし教授が遮る!
大学の研究室などでよくある光景です。
もちろん多くのケースでは勘違いや実験ミスです。
とはいえ自分が正しいと信じたら、それを貫く!
当然ですが、何度も考え直します。実験を繰り返します。
それでも正しいのであれば、信念を貫く!
これまでも常識が覆ることが多々ありました。
天才とは、その時代の権威者には評価されないものです。

5.勇気をもって発信する

天才的な能力があったとしても、
それを表に出せなければ、闇に葬られてしまいます。
たぶんこれまでも、多くの天才が消えていったのでしょう。
世界は多くの損失をしていたのかもしれません。
山本リンダの歌「狙いうち」(作詞:阿久悠)にあります。
神がくれたこの美貌、無駄にしては罪になる
神が実在するかは別として、
与えられた才能や資質を無駄に捨ててはいけません。
勇気をもって、自分の思いを発信しましょう。

今はそれができる時代です。
当時無名だったアインシュタインの論文を載せた学会誌!
それがなければ、今の世の中はどうなっていたのでしょうか。

スポンサーリンク

発想力を養いましょう

発想力を養うことが、天才を育てる極意です。
では発想力とは?
もちろん知識がなければ、考えることはできません。
まずは様々なことに興味を持ちましょう。

初めは点の集まりですが、
点が線になり、線が面になり、面が立体となる!
このようにして意外な組み合わせに出会う!
そこから新たな理論、事実が浮かび上がるのです。
勇気をもって、それを公表しましょう。
アインシュタインだって、多くの間違いをしたのですから。

スポンサーリンク