子どもにも家の仕事を持たせる深い意味【お手伝いさせなかった後悔】
スポンサーリンク

子どもはお手伝いがとっても大好き!

他者から承認されたいという欲求が根本になっています。

そして、ママから褒めてもらえることや、喜んでもらえること含め、興味ある事は何でも進んでしたがります。

しかし親にとっては、かえって時間がかかってしまったり、やり直さなければいけなくなり余計な負担もかかります。

なので子どもがしたがっても「ママがするから、もういいよ。」と言ってしまいがちですが、小さい頃から子どもにお手伝いさせるのは、大変重要な意味があるのです。

お手伝いをさせる重要な意味とは

親にとっては、かえって面倒になってしまいますが、子どもにお手伝いとして家の仕事を持たせるのは、様々なメリットがあります。

自己肯定感が高まる

子どもに家のお手伝いを任せるということは、子どもに『自身が必要とされている。』ことを実感させることとなります。

『自分は必要な存在なんだ。』と、自己肯定させるためにも、お手伝いさせることは大変有効な手段です。

  • 「どうもありがとう。」=『ママが喜んでいる。』
  • 「ママ困ってるから、助けて欲しいな。」=『自分のしたお手伝いで、ママが助かった。』

このように家族にとって役にたっている自分自身を認め、自信が芽生えます。

自分を否定するようになると、自分の行動に自信が持てないため、消極的な思考を作り出す原因になってしまいます。

幼少期に自己肯定する思考は、成長してから大きく影響を受けることになりますので、小さな頃からお手伝いを通して自己肯定感を高めておく必要があるのです。

思いやりの心を育む

家のために・ママのために、こうして自分以外の誰かのために何かをするという精神は、他者に対して思いやりの心を育みます。

『自分さえ良ければいい。』こういった人がいるのは、愛情不足や愛情過多・その他様々な要因がありますが、お手伝いを通し思いやりの精神を学びます。

  • 『誰かのために何かしてあげよう。』という心。
  • 助けてあげたら、相手が喜ぶだけでなく、自分自身も嬉しくなる気持ち。

そして思いやりの心だけではなく、なかなか容易なことではありませんが『自分が変われば人も変わる。』ということも潜在的に学び取ることができます。

自立心や責任感が身につく

子どもにお手伝いを任せると、自立心を向上させ、責任感を身につけることができます。

ただし、お手伝いを任せる限りは、手出し口出しをしてはいけません。

そこで手出し口出しをしてしまうと、ちょっと失敗するだけでも「できないよ~。」と甘え・中途半端に投げだしてしまう事にも成り兼ねません。

全く、お手伝いさせる意味がなくなってしまうのです。

任されたことは最後までやり抜くという精神を養うためにも、子ども一人でやり遂げさせて下さい。

「失敗しても大丈夫よ。」と安心する言葉をかけてあげると良いですね。

優れた思考力や行動力につながる

親に任されたお手伝いを、自分一人だけで行うとなれば、もはやできなくても自分で考えるしかありません。

  • どうすれば上手くできるようになるのか?
  • 効率よくする方法はないか?
  • こうすれば失敗するんだな。

このような優れた思考力を養い、先を見通したり、チャレンジしてみようとする行動力を起こせるようになるのです。

(参考:子離れできない親は子どもの自立心を奪う!年齢やタイミングはいつ?

基本的な生活のスキルが磨かれる

片付けや掃除・洗濯たたみなど、様々なお手伝いを幼少期から行うことによって、基本的な生活スキルが磨かれます。

スキルは知識とは違い、自分が実際に体験したことでないと磨かれることはありません。人はこのようにして成長していきます。

経験せずに口だけでいくら説明しても、スキルが身につくことはありません。

男の子でも女の子でも、ちゃんと整理整頓をして、一人暮らしをすれば栄養の整った料理を作って生活して欲しいと願いますし、また孫ができればそれを教えていってもらいたいとも思いますね。

お手伝いをさせず『失敗』した実体験

実は、このようにわかっているように解説している私は、お恥ずかしながら長男にお手伝いをさせなかったことにより、大失敗した者の一人です。

こちらの⇒(完璧な良いママ・良い子どもでなくてもいいという理由)『子どもは自分で成長する』というタイトル下でお話していますように、私は子どもに何かお手伝いをさせるのが嫌な上、自分のことさえさせませんでした。

それでも、日頃母親である私のしていることを見て・また周囲の状況を考えて、自分で学習していった長男でしたが、学ばなくてはいけないことを教えられませんでした。

それどころか【家の仕事は、女の仕事】と、教えてきてしまったのです。

  • 整理整頓が下手で、しようともしない。
  • 洗濯ものをうまくたたむことができない。
  • 鼻をかんだティッシュさえ、ゴミ箱に捨てずほったらかし。

食器洗いをお願いすると「台所は男が立つべきものじゃない。」・掃除機をお願いすると「家の掃除は女がするべき。」と言い出す始末・・・。母である私がそう教えてきてしまったですから、仕方ありません。

これではダメだと気がついたのは、息子が中学校1年の頃でした。もう何をしても時は遅しという年齢です。

「今は共働きが普通なのに、結婚したらどうするの?」と聞くと、「男は外で働く・女は家庭を守る。」と答えます。

さらに「家の手伝いくらいしてあげないといけないでしょ。どんなお嫁さんもらうのよ!」と言えば、「あーちゃんみたいなお嫁さん。働かせずに家を守ってもらう。」なんて一丁前に答え、23歳になる現在も変わっていません。

あーちゃんとは、私の母です。私の家庭がそうだったからこそ、私の育て方もそうなったのですが、幸い子どもは姉と私の姉妹だったので、母は失敗せずに済みました。

様々な要素が加わってのことなので、ただお手伝いをさせなかったことだけが要因ではありませんが、かなり大きく影響をしていると考えています。

とは言え、私が風邪で寝込めば食事を作ってもくれますし、急に「生チョコが食べたくなった。」と言ってせっせと作ったり、パスタ料理も得意です。

何かを作るために台所へ立つのは好きだからこそであって、やはり洗い物はせず、後の片づけは時々しかしません。

スポンサーリンク

子どもにはどんなお手伝いでもさせよう!

子どもにも家の仕事を持たせる深い意味【お手伝いさせなかった後悔】

このような失敗から私が学んだのは、子どもには家の仕事を与え、どんなことでもお手伝いをさせるべきという事です。

下の娘は女の子ということもあって『きちんとした女性にしなくては。』という想いが強くあらゆることを一緒に行なってきたお陰で、家のお手伝いは進んでしてくれます。

自身の失敗に基づき、「もし子どもが生まれたら・・・。」と今回の話題を全て、娘にも常々話しています。

同じ過ちを繰り返して欲しくないですから。

ですが、兄を見て育った娘は、否が応でもわかっているでしょう。

先日久しぶりに、帰ってきた息子が妹に「これ、洗濯しといて。」とお願いし、娘はちゃっかり「500円。」と手を出していました。

(続きはこちら。子どものお手伝いで失敗しないさせ方と、うまくさせるコツ

スポンサーリンク