スポンサーリンク

子供の習い事として多いのは、やはりピアノです。
子供が実際にやっているランキング、
親がやらせたい習い事のベストスリーに必ず入っています。
平成の世の傾向は、大人も音楽を習い始めている?
多様化が進む音楽教室の先生は、
どんなことを心掛けるべきなのでしょうか。

音楽教室は2つに大別できる

音楽教室は、大きく2つに分かれます。
ひとつは大手企業が全国規模で展開しているパターンです。
楽器メーカーが著名ですね。
もうひとつは個人教室です。
多くは音大卒の先生が細々と?続けているタイプです。
どちらが良いか?一概に判断は難しいでしょう。
生徒さんの性格にもかかわってきます。
とはいえ個人教室の場合は、違法のことがある?
もちろん先生になるための資格は、特に必要ありません。
ただし必然的に大きな音が出るので、
マンションなどでは禁止されているケースがあります。
通う側も、ここでやっていいの?注意したいですね。

子供向け音楽教室での心掛けは

音楽教室と聞けば、やはり子供向けですね。
この場合の先生は、どんなことに注意すべきでしょうか。

1.才能を見出すことが重要です

最も重要なことは、子供の才能を見出すことでしょう。
キレイゴトを言えば、子供には全員才能がある!
とはいえ現実は?
しかし磨けば光る玉なのか?
それを判断する能力が、先生には求められるでしょう。
逆に通っていない生徒から才能を見出せるのか?
例えば通っている子の弟や妹です。
日本の宝を探して欲しいものですね。

2.どうやって才能を伸ばすか

来ている子供全員に才能あり!そう考えてみましょう。
とはいえその才能をどうやって伸ばすのか?
才能があってもやる気のない子もいます。
もちろん一人ひとり性格が違いますね。
スパルタで伸びる子もいるでしょう。
逆に褒めて伸ばす!昨今は増えているようです。
音楽は芸術です。理屈ではないのかもしれません。
しかし地道な練習に勝るものはありません。
先生に変なプライドがあると、子供は萎縮します。
子供がリラックスできるか?それこそが重要ですね。

3.親をどうやって説得するか

中には勘違いの親もいますが、どうやって説得するか。
もちろん才能があれば、伸ばしていくべきでしょう。
しかしどこまでお金を投資できるのか?
逆に才能がない?磨くのに時間がかかる子供を、
どのようにして路線転向させるのか。
楽器自体を止めさせる必要はないでしょう。
プロを目指すのではなく、趣味として続ける?
この決断も、先生に求められていることです。
子供の一生がかかっているからです。

スポンサーリンク

大人向け音楽教室での心掛けは

昨今は大人も音楽教室へ通うようになっています。
昔取った杵柄?逆に初心者も多いですね。
そんな場合に、気をつけることは何でしょうか。

1.やる気を持続させる

いまさらプロを目指すことはないでしょう。
様々な動機はあるでしょうが、それを続けさせる!
仕事などで忙しい中、どうやって持続させるか?
ミエミエの励ましでは、逆に萎えてしまいます。
大人の場合には、演奏していて楽しい!
そう思わせることが大切ですね。
忙しくても、気分転換としてやりたい!
先生が楽しく演奏している姿を見せたいですね。

2.自惚れにどう対処するか

学生時代にバンドをやっていた!
音大を目指していた!
中途半端な自惚れ屋さんも多いですね。
もちろん鼻っ柱を折る必要はありません。
勘違いさせ続けてあげた方が幸せかもしれません。
ただし家族などに迷惑をかけているなら?
さりげなく実力を認めさせることも重要です。
簡単そうな曲でセッションしてみるとよいかも。

3.羞恥心や偏見を取り除くには

真逆ですが、恥ずかしがり屋もいます。
自分は無理!思い込んでいる人もいますね。
それでも音楽教室に来てくれたなら、
その羞恥心や偏見を取り除いてあげましょう。
勇気を称えましょう。
第一に音楽は楽しいです!
それがわかれば、自ずと続くようになります。

音楽教室は不滅か

注意して地元を歩いていると、
意外なほど、音楽教室はあるものです。
これで食べていけるのか?
他人事ながら心配してしまいます。
とはいえ好きなことが仕事になるなら?
世界的ピアニストを輩出することではなく、
一人でも多くの音楽好きを生み出してください。
音楽教室は、不滅です。

スポンサーリンク