スポンサーリンク

エメラルドグリーンは色彩学にそこまで興味がない人でも普段からよく耳にする言葉なのではないでしょうか。
多くの方が普通に耳にしているのがエメラルドグリーンですが、ではエメラルドグリーンにはどのような色彩心理が隠されているのでしょうか。
エメラルドグリーンは青と緑の中間色になりますので、それぞれ半分ずつという事になります。
青の色彩心理は冷静さです。
そして緑の特徴は感情を抑え、安心感を与える事です。
そのためエメラルドグリーンは落ち着きつつ、安心感を与える。
そのような色彩効果がありますので、どのような時に有効かといえば、緊張してしまうような時でしょう。
大事な会議や、学生であれば就職活動時の面接でしょうか。
緊張感を押さえ、冷静にしてくれる色であると同時に、安心感をももたらしてくれますので、緊張しがちな人にも効果的な色と言えるかもしれません。
エメラルドグリーンは鮮やかな色合いです。
そのため、多くの方が有効に活用しているのですが、実は素晴らしい色彩効果も隠されていたのです。
確かに見ているだけで落ち着きと安心感をもたらしてくれる色でもありますしね。

スポンサーリンク