スポンサーリンク

チェリーピンクを色彩心理の面から見てみるとしましょう。
チェリーピンクは基本的にピンクになりますが、ピンクは愛情と生命力に溢れている状態で、さらには他人への配慮等をしっかりと行える時に選ばれる色でもあります。
また、チェリーピンクの場合はそこにエネルギーの象徴でもある赤が入っていますので、それらをエネルギーを持って行える状態に選ばれる色でもあるでしょう。
ですからチェリーピンクを選ぶ時は、人間関係に充足している時とも言えるでしょうね。
それ以外の時にはなかなか選ばれる色ではありません。
ですから、人間関係があまり上手く行っていない時に選ぶと良い色でもあります。
もっともっと人としっかりとした関係を築きたいものの、どこか上手く行かなかったり、自分の殻を破れない。
そのような時にチェリーピンクのものを身に付けていると自分自身を後押ししてくれるものになるでしょう。
愛情の象徴でもあるピンクにエネルギーの象徴でもある赤。
これが混ざっているのがチェリーピンクですので、人間関係をより前向きにしたい時にはチェリーピンクで決まりです。
自分自身にはもちろん、周囲にも何かしらの影響を与えてくれるでしょうね。

スポンサーリンク