スポンサーリンク

色彩心理の中で、クリーム色は優しさや、協調性などを意味しています。
クリーム色は、ベージュとも近い色なので、イメージも似ていますが、ベージュよりから色が明るい分、イメージも若いと言えるでしょう。
クリーム色が好きな人には、穏やかな方が多く、あまり自分の意見をはっきりと言うよりも、周りの話しを聞けるという魅力が有ります。
特に、クリーム色は、許容も意味する色である為、少し疲れている時には、ついクリーム色を選んでいる事も有るようです。
クリーム色は、男性、女性に限らず、どちらの性にも合う中性的な色で、クリーム色から与えられるイメージも、柔らかさや大らかさなど似ている場合が多いと言えるでしょう。
ただ、女性がクリーム色を着ると、すこし太って見える場合も有るので、クリーム色の服の上着は、少し色を暗めにするなどの工夫が必要です。
そして、クリーム色は茶色などの暖色系の色とも相性がいいのですが、このコンビネーションで服を選んでいる事が多いと、周りから「(好みが)老けている」というイメージを定着させてしまうので、たまには強い色の服を選んでみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク