スポンサーリンク

一昔前であれば、ガムは虫歯になる!
もちろん仕事中などに噛んでいれば、印象がよくないですね。
怒られるかもしれません。
しかしガムには様々な効能があります。
逆に仕事の効率が高まったり良いアイデアが生まれることもあります。
今の時代は、ガムを健康食品と捉えるべきのようです。

ガムの効能とは

ガムによる具体的な効能は何でしょうか。
これを知れば、今日からガムは手放せませんね。

1 認知症が予防できます

ガムの効能における第一は、噛むことにより脳が活性化されることです。
もちろん極端に言えば、ガムではなくても同等の効果を生むことになります。
とはいえ最近は堅い食品が少なくなりましたね。
脳の活性化という点では、好ましくない傾向です。
つまり比較的長時間、意識することなしに噛み続けるには、ガムが適しています。
噛むことで記憶力がアップする!そんなデータがあります。
高齢者では認知症の予防にもなるようです。
そもそも歯がなかったり、入れ歯だと、噛むこと自体が大変です。
しかしそれこそが、認知症の原因であるとも言われています。

2 虫歯が改善できます

キシリトール入りのガムであれば、虫歯の改善に貢献してくれます。
つまりキシリトールは、歯にコーティングを作ります。
そのため虫歯菌が作り出す酸から歯を守ってくれるのです。
一方でノンシュガーのガムであれば、虫歯菌のエサになるブド糖ができません。
そのため食事の間、虫歯菌の働きをシャットアウトできます。
そもそもガムを噛んでいれば間食できませんね。
間食こそ虫歯の大敵です。ダイエットにもなるでしょう。
なお噛むことにより唾液が出ます。これが歯の洗浄にもつながります。

3 口臭が消せます

口臭の原因は何でしょうか。
もちろんニンニクなどの刺激系食品の場合もあります。
しかし口内にカスが溜まり、
それをエサにした雑菌が繁殖しているケースも少なくありません。
そこでガムを噛めば、唾液の分泌が促されます。
これが口内の洗浄につながります。結果として口臭が消えます。
さらに歯周病の予防や改善にも貢献できるようです。
もちろん口臭予防用のガムがあります。

4 唾液が消化を助けます

唾液の効能には、消化を助けることもあります。
つまり唾液には消化酵素が含まれています。
ガムを噛み続けることにより、この酵素が胃腸に送られます。
食べ過ぎたと思った際には意識してみましょう。
汚い話ですが、ゲップが出れば消化が進んでいる証拠です。
なおミント系のガムであれば、口の中がすっきりします。
気持ちの面からも、胃もたれを改善できそうです。

5 噛みあわせが矯正できます

歯の噛み合わせは意外すぎるほど重要です。
腰痛や頭痛の原因になることも稀ではないからです。
なお人間には癖があります。
また虫歯があったりして、片側だけで噛んだりしていませんか。
鏡を見て口が曲がっていたら要注意です。
とはいえガムを噛むことで、噛みあわせを矯正することができます。
普段使うのとは反対側の歯でガムを毎日噛んでみましょう。
少しずつですが、顔の印象が変わってきますよ。

6 眠気防止になります

車の運転や勉強、または仕事中などで眠くなったらどうしますか。
ガムを噛んでみましょう。
もちろん昨今は眠気防止用のガムも売られています。
噛むことで脳が活性化されます。
勉強していれば記憶力アップ!
集中力を高めることにも貢献してくれます。
会議中にガムを噛むと怒られそうですが、
グッドアイデアが浮かべば、許してもらえるかもしれませんよ。

7 ストレス解消になります

ストレス解消には、どんな方法を使っていますか。
ガムを噛んでみましょう。
噛むことによりセロトニンが分泌され自律神経系が落ち着くようです。
噛むという刺激自体にも気持ちを静める効果があるようです。
一方で空腹時のイライラも抑えてくれますよ。
ストレスが緩和されれば、うつなどの精神性疾患のみならず
過敏性腸症候群や胃潰瘍などの消化器系疾患、
さらに心臓や脳など循環器系疾患の予防にもなるでしょう。

噛んだ後はゴミ箱へ

ガムの効能は、これ以外にもあります。
あげればきりがないかもしれません。
もちろん噛んだ後は、紙に包んでゴミ箱へ捨てましょう。
他人のガムを踏んづけると、イライラしますからね。

スポンサーリンク