スポンサーリンク

大きくておいしいホッケは、
ご飯と合わせるだけでも十分な魚です。

あまり焼き魚を食べ慣れていないと、
上手に食べられないという人も
多いと言えるでしょう。

ホッケを上手に食べるポイントは、
片身を手前と向こう側の2つに分けて、
上下に開き、片方ずつ食べる
と、
ちょうど良く真ん中の中骨が残ります。

上から一度に下まで箸を入れると、
どうしても骨に引っかかって、
見た目が汚くなってしまいます。

背中に線を入れて半分に食べるが、
簡単な方法だと言えるでしょう。

また、残す部分が多いと、
食べ残しも汚くなってしまうので、
出来るだけ、皮や内蔵も食べた方が、
見た目は良いと言われています。

特に、ホッケの場合には、
身が大きくて、
食べづらく感じる人もいます。

そこで部分ごとに食べて行く練習
すると、外で焼き魚を食べるのも
恥ずかしくないと言えるでしょう。

ちなみに、ホッケは、
居酒屋で注文する人も多いです。

ホッケの身が熱いうちに
骨と皮を先に取る
と、
数人でつつきながら食べる場合にも
見た目が綺麗だと言われています。

スポンサーリンク