スポンサーリンク

登山に必要なものと言えば、丈夫なトレッキングシューズや、暖かいジャケットだけでなく、甘い物や水筒だと言われています。
特に、長時間の登山の場合には、水分をマメに取る事が大切ですが、水筒の持ち方は、普通のピクニックとは異なると言えるでしょう。
例えば、ステンレスの重い水筒だと、中のドリンクの温度が保たれるのですが、登山にはかなり重く感じる方も多いですし、重いわりに内容量が少ないので、ペットボトルでドリンクを持って行く方も多いようです。
また、登山用の水筒なども販売されており、ボトルホルダーと言って、フックでぶら下げるタイプの水筒だと、ベルトで固定する事も出来ますし、マメに水分補給をするには取り出しの必要が無く、楽だと言えるでしょう。
そして、リュックのように背負うタイプの水筒も販売されており、背中の部分に水筒がついている為、歩いている途中でも背中が涼しく感じますし、水筒の重みも感じにくいのが大きな魅力だと言われています。 ちなみに、登山で水筒を使う場合には、歩いている途中で水漏れをしてしまう場合もあるので、その点では、丈夫な登山用の水筒を持って行った方が良い場合もあるそうです。

スポンサーリンク