スポンサーリンク

羊羹はデザートやおやつに最適な和菓子ですが、栄養価の点でみるとどうなのでしょうか?
甘いものイコール太る!とのイメージもありますが、羊羹は案外低カロリーです。

ちなみに羊羹の原材料を調べると、ゼラチン?
これは動物性タンパク質であり、栄養成分のひとつです。
これに関して、植物性でノンカロリーの寒天との誤解があるようです。

とはいえタンパク質は脂肪に比べるとカロリー量が少なく、かつゼラチンからコラーゲンが作られる?
美容や健康にもゼラチンを使った羊羹は貢献してくれるようです。

一方で羊羹の主体は小豆や芋類などでしょう。
これらは糖分?
いわゆる炭水化物です。
炭水化物を忌避する健康法なども多々見られますが、日本人の栄養状態を考えると炭水化物は欠かせません。
もちろん過剰に摂取すれば生活習慣病のみならず様々な病気の原因になるので、どんな栄養分といえどもほどほどに!
腹八分目!
これが長寿の秘訣です。

なお脂肪分はほとんど含まれていないので、羊羹は即効的なエネルギー源!
疲れた際に摂取する食品として、栄養面から考慮しても望ましいと言えるでしょう。

昨今では砂糖無添加の羊羹もあるので、日本の伝統文化を楽しみつつ心の栄養にもしましょう。

スポンサーリンク