スポンサーリンク

まったく健康のはずだけど、家族が死ぬ時のことを想像して泣く?
情緒不安定になることが多々あります。
今は幸せだけど、親や子供が死んだらどうしよう?
意味のない不安に襲われることが誰にもあるようです。

そもそもそんな感情はどこから生まれてくるのか?

ドラマの見すぎ?
もちろん家族が死ぬことを想像して保険に入る?
大切なことです。
想定外に備えておくと安心です。

現実的な話として大黒柱が死ぬことを想像すれば、生活できない?

泣くことになるでしょう。
しかし泣くのは後回し!
生活の糧を探すべきです。
泣いてもお金は湧いてきません。
逆に気持ちが塞いでしまう?

とはいえ泣くことはストレス解消になる!
人によっては身内の死を想像して泣く!
それですっきりさせて明日から頑張る!
こんなパターンもあるようです。

スポンサーリンク

一方で子供が死を想像して泣く?

これは死を正しく理解できないから、漠然とした恐怖に包まれるようです。
ただし大人であっても死についてわからない?
親が子供に対してどこまで説明できるのか?
躾のため!と称して地獄絵などを見せるのは、子供の精神的成長には悪影響!
指摘があります。

人の死を想像して泣くのは純粋な証拠?

前向きに考えれば笑顔に変わります。

スポンサーリンク