スポンサーリンク

死因の中で、病死に続いて多いのが事故死です。
事故死とは、その名の通り、突然の事故が原因で死に至る事で、特に交通事故による事故死は、とても多いと言えるでしょう。
事故死というのは、思いもよらない時に起こるものなので、病死などに比べると、突然の別れを迎える事になりますし、家族や友人にとっては、いきなりの事で受け入れられない時期が続くと言えるでしょう。

交通事故

交通事故では、車やバイクと接触した時の衝撃で即死してしまったり、自分が運転している立場でも、事故の大きさによっては、病院で治療を受けても回復しない事があります。

家庭内事故死

そして、交通事故死よりも死亡者数が多いのが、家庭内事故死です。
家庭内事故死とは、家の中で発生した事故によって死亡する事で、転倒や転落、火災、溺死などの数を合わせると、交通事故死の数をはるかに上回ると言われています。
もちろん、家庭内事故の場合には、入院や治療で回復するケースも多いのですが、家で過ごす時間が長い分、事故の発生率も高くなると言えるでしょう。
ちなみに、交通事故死と、家庭内事故死では、保険の支給額も異なるケースが多いようです。

スポンサーリンク