スポンサーリンク

高齢者が死ぬのは仕方がない!
しかし若い年齢で死ぬ?
昨今は60歳の人が癌で死亡すると、若いのにね?と残念がられます。
人生50年?
信長の時代か?
今は70歳でも元気です。
ならば年齢と死は関係ないのか?

一般則として、所得の高い国ほど平均寿命は長い!
これは乳幼児死亡率が、衛生面の向上により低下するためです。
年よりは、どこの国にもいます。
平均寿命などを含めた数字のマジックに囚われてはいけません。

なお若い間は死を実感しない?
死を意識する年齢はいくつくらいか?
例えば小学生には、死の意味がわからないでしょう。
祖父母が亡くなった?
冷たくなって棺の中にいる?
何故?
一方中学生は思春期ということもあり、死をイメージする年齢と言えるのでしょう。
自殺を考えるのも10代からです。

性に関しても同様ですが、学校では死について学習しない?
親の躾!でしょう。
先生に負荷がかかりすぎ!
先生が自殺する事例も多いので、生死については、地域社会で学ぶべきなのでしょう。

昨今の日本では、社会に参加する年齢が上がっている?
無駄な知識だけはあるけど、それを活用できない?
いい年齢になったのに社会へ貢献しない?
できない!
社会的な死に陥らないよう日々励みましょう。

スポンサーリンク