スポンサーリンク

髪の毛に関する研究は枚挙に暇がありません。
しかし万人に効くような特効薬はありません。
多数ある中から、自分にとってベストな方法、
続けられることを試してみることが重要なのでしょう。
そこで昨今気になるのは、IGF-1理論と呼ばれるものです。
サプリとして服用するようです。
これで育毛効果が本当に現れるのでしょうか。

IGF-1理論とは

IGF-1とは何でしょうか。
インスリン様成長因子1(Insulin-like Growth Factor 1)の略です。
つまり成長因子を育毛に役立てよう!それがIGF-1理論です。
開発したのは、現名古屋Kクリニックの院長である岡嶋研二先生です。
そもそもIGF-1は、これまでも様々な効果が認められています。
例えば糖尿病の改善が期待されています。
またアンチエイジングにもつながるとした研究結果もあります。
ならば育毛に関与しても、おかしくはなさそうですね。

カプサイシンが鍵を握る

IGF-1は、簡単に働いてはくれません。そこまでのプロセスがあります。
まずは大豆の若返り成分とも呼ばれ、
女性ホルモンに類似した作用があるイソフラボンが体内に入ると、
IGF-1の生成を促すCGRPを放出します。
CGRPとはカルシトニン遺伝子関連ペプチドの略であり、
アミノ酸が多数結合した物質です。
次に唐辛子の辛味成分でもあるカプサイシンが胃腸の知覚神経を刺激します。
これが身体全体に伝わります。
こうした刺激によってIGF-1が毛母細胞で増えます。
毛根が活性化される、だから育毛になる!こうしたメカニズムがあります。
ここで鍵を握るのが、カプサイシンによる刺激です。

スポンサーリンク

サプリで体験できる

正式にIGF-1理論を試したいなら、名古屋へ行くしかありません。
しかしそれでは地方の人が大変です。そこでサプリが作られました。
その名もダブルインパクトです。
基本のシンプルセットはカプサイシンとイソフラボンの錠剤です。
適した人は、薄毛が気になりだした人です。
もちろん女性でも使えます。意外にも薄毛で悩む女性は多いものです。
とはいえ男性型脱毛症で利用する薬は、女性には適用できません。
このサプリならイソフラボンがあります。
女性特有の悩みにも効果を発揮してくれるでしょう。

追加セットなら相乗効果がある?

かなり薄毛が進行した人なら、追加セットがあります。
例えばローヤルゼリーと亜鉛を加えたスタンダードセット。
さらにノコギリヤシエキスをプラスした男性用スタンダードセットです。
それぞれ単独のサプリとしても、嬉しい成分がありますね。
もちろんサプリだけで髪が生えてくるわけではありません。

  • 規則正しい生活をする
  • 栄養バランスのとれた食事を摂る
  • ストレスを溜めない
  • 適度な運動をする

そうした基礎があってこそ、サプリや理論が生きてくるのです。

成功の秘訣は継続です

育毛に限ったことではありませんが、成功の秘訣は継続することです。
IGF-1理論も短期的な効果は期待できません。
もちろん個人差もありますが、最低でも半年続けてみるべきでしょう。
つまり体質改善には時間がかかるからです。
多くの人は、1カ月程度で諦めてしまいます。
しかし数カ月程度では、今までの身体を変えるまでには至りません。
とはいえ変わり始めると?急速に変化していくものです。
そこまで我慢できるのか?そこが勝負の分かれ道です。
誰がなんと言おうと続けられるか?その先にしか成功はありません。

他の方法も併用していきます

同クリニックでは、IGF-1理論と同時に、

  • 青色光を使った光線治療
  • 皮膚の血管を圧迫して知覚神経を刺激する高気圧療法
  • プロペシアなどの薬物療法
  • スカルプローションを使った正しい洗髪法
  • 食事指導

これらを適宜併用していきます。
こうしたことを組み合わせることにより、
相乗効果が生まれ、育毛がスタートするのです。

試してみましょう

溺れるものは藁をも縋る!
様々やってみるべきでしょう。そして続けてみましょう。
遺伝だから?諦めたら終わりです。
人間には医学を越えた、計り知れないパワーがあります。
あなたがそれを証明すればよいのです。

スポンサーリンク