スポンサーリンク


子供が欲しいけど妊娠できない!
若いカップルでも少なくないようです。
もちろん当人にとっては切実な悩みです。
一方で少子高齢化の行く末を考える上でも、
早急に対処すべき問題です。
では妊娠しない原因はどこにあるのでしょうか。
若い女性の無理なダイエットが遠因かもしれません。
とはいえ男性側も自覚症状はないですか。
若くてもEDは無視できません。

EDとは

EDとは何でしょうか。
かつては卑下してインポとも呼ばれました。
つまり性交時において、十分な強さで、
かつ十分な時間、勃起状態を維持できない症状です。

射精の有無とは直接関係ありません。
もちろん原因のひとつは老化ですね。
活力が衰えるのは仕方のないことです。
また既に子育てが終わっていれば、
個人的な趣味の問題はあるでしょうが、
それほど深刻ではないでしょう。
だからこそ社会的には、
EDをいい加減に扱ってしまうのかもしれません。
とはいえ昨今は若い人でもEDになるようです。
これから子供を産み育てようと考えているなら、
他人事ではありませんよ。

若い人でもEDになる原因は何か

若い人でもEDになるとは、俄かに信じられません。
もちろん自覚していない人も多いでしょう。
草食系男子であれば、
性的に考えること自体が論外なのかもしれません。
では実際に若者でもEDになってしまう原因は、
どこにあるのでしょうか。

1.ストレスは意外に重要です

経験者はわかるでしょう。
ストレスは意外なほど重要です。
頑張ろうと思うほど、萎えてくることがあります。
例えば昨今のような少子化であれば、子供を作ろう!
パートナーから、今日が排卵日!
そう叱咤されたら?
それがプレッシャーになるようです。
一方で「だめなの」何気ない一言で
男性のプライドがズタズタになることもあります。
もちろん仕事上のストレスもあるでしょう。
肉体的な疲れもあります。
近年はストレスの多い社会です。
それと反比例するように、
若者のストレス耐性は低下しているようです。
ここでも褒めて伸ばす!
そんな気遣いが求められるのかもしれません。

2.刺激が多すぎてもいけません

かつてはエロ本も簡単に入手できませんでした。
しかし現在はどうでしょうか。
ネットを検索すれば、あらゆるエロ!
エロを超越したような動画を無料で観ることができます。
スマホがあれば、どこでも視聴できますね。
そういう意味では、日常的に刺激が多すぎます。
基本的に人間は、刺激に慣れやすいものです。
薬物中毒などをみればわかりますね。
昨日より今日、そして今日より明日!
より強い刺激を求めてしまいます。
すると単なる女性の裸には反応しなくなるかもしれません。
長く付き合った彼女とは?
マンネリになってしまうのでしょう。
コスプレすれば頑張れる?
そういう時代なのかもしれませんけどね。

3.生活習慣病も深刻です

今時なのは生活習慣病もあることです。
若くしても運動不足の人が多いですね。
具体的な数値では現れなくても、
体内におけるホルモンバランスが崩れることもあります。
肥満を解消するだけでも勃起力は違ってくるようです。
気になる人は、1日15分でもよいので、
歩く習慣を付けましょう。
継続することが大切です。

スポンサーリンク

不妊との関係はあるか

実際問題として不妊とEDは関係しているのでしょうか。
一見すると性交渉はできます。
射精もしています。
それでも妊娠できません。
どこに問題があるでしょうか。
例えば中折れしてしまう?
陰茎が十分に堅くないと、射精力が弱まります。
子宮の入り口まで届かないことがあります。
これでは妊娠に至らないでしょう。
射精しただけで安心してはいけません。
もちろん明白なEDであり、性交渉ができない。
セックスレス!これなら理由は明確です。
しかしやっているはずなのにできていない?
見過ごしてはいけませんよ。

少子化の隠れた問題かも

子供を作るというとても重要な作業です。
恥ずかしがっている場合ではありません。
悩みを抱えているだけでは、
アッと言う間に年をとってしまいますよ。

国や医療業界としても、
深刻に考えていくべきでしょう。
EDこそ少子化の隠れた問題かもしれないからです。

スポンサーリンク