スポンサーリンク

冬になると空気が乾燥します。
すると乾燥肌に悩まされます。
お化粧ののりがよくない?
一方で乾燥肌になると痒くなります。
中には痒みで眠れない!
そんな悩みも少なくないようです。
今年こそ解決したい!
ならばどうしたらよいのでしょうか。

乾燥肌で痒くなるしくみ

まずは敵を知ることです。
つまり何故肌が乾燥するのか?
そして痒くなるのか?
そのしくみを理解しましょう。
例えば空気が乾燥すれば?
水分は湿度の低い方へ流れます。
お肌の細胞にある水分も?
空気中に蒸発していきます。

これが乾燥肌です。
ではどうして痒くなるのか?
細胞から水分が失われれば?
細胞の活性も衰えます。
するとバリア機能が維持できなくなります。
神経が曝されやすくなる?
刺激を受けやすくなります。
これが乾燥すると痒くなる基本的なしくみです。

乾燥肌による痒みを防ぐ対策

具体的に乾燥肌や痒みを防ぐ対策について考えてみましょう。

1.お肌の保湿

乾燥肌対策の基本は?
お肌を保湿することです。
とはいえ簡単ではありませんね。
しかし一番有効なのは?
お風呂です。

(1)湯船に浸かる

ゆっくり湯船に浸かりましょう。
血行を促進させたりお肌を柔軟にする意味があります。
ここでのポイントは?
熱くしないことです。
熱いとお肌を刺激してしまいます。
お肌の乾燥や痒みを助長することにもなりかねません。

(2)刺激の少ない石鹸を使う

身体を洗う際にも注意が必要です。
ゴシゴシ擦ってはいけません。
刺激の少ない石鹸で?
手のひらを使い軽くマッサージする要領です。
つまり本来お肌には?
皮膚の表面を乾燥から守るための皮脂があります。
強い石鹸だと?
それも落としてしまいます。
皮脂がないから乾燥する!
石鹸も2日に1回でよい?
そんな説もあります。

(3)水分を拭き取る

お風呂上りは?
水分を直ぐに拭き取りましょう。

皮膚の表面に水滴が残っていると?
その蒸発に伴い細胞内の水分も持っていかれます。
ボーっとしたいでしょう。
しかしドライヤーの前に服を着ましょう。

2.室内の湿度を保つ

乾燥するとインフルエンザや風邪なども心配です。
加湿器などを利用して室内の湿度を保ちましょう。
60%が目安です。

とはいえ水タンクを清潔にしておきましょう。
ばい菌が蔓延ってしまいます。
なお室内に洗濯物を干すと?
湿度の維持に役立ちます。
生乾きの臭いが気になるなら?
綺麗なタオルを水に濡らしましょう。
それを針金ハンガーで吊るしておくだけでも有効です。
これなら会社のデスク脇にも置けます。

3.栄養バランスを整える

外側の湿度を調節したら?
今度は内側からも対処しましょう。
つまり栄養バランスを整えることです。
お肌の乾燥を防ぐには?
ビタミンの摂取が不可欠です。

特に冬は野菜が不足しがちです。
それも乾燥肌の原因です。
ビタミン剤やサプリの利用も検討しましょう。
なお便秘は肌荒れの源です。
規則正しいお通じという意味でも?
野菜を積極的に食べましょう。
中でもキャベツがお奨めです。
一方でお肌はタンパク質でできています。
絶食系のダイエットは控えましょう。
肉や魚も忘れずに。

4.持病を治しましょう

痒いのは本当に乾燥肌が原因でしょうか。
違う皮膚病の可能性もあります。
また昨今は食べ物を含めたアレルギーも心配です。
痒くなるパターンに規則性はないですか?
調べてみましょう。
一方で生活習慣病になると?
血行が悪くなるため痒みを助長しやすいようです。
体全体の問題と考えて持病があれば早急に治しましょう。

5.薬を使う

即効的な痒み対策は?
薬を使うことです。
最近は飲み薬もあります。
もちろん薬を常習したくないですね。
そんな人には漢方薬もあります。
お医者さんで併せて相談してみましょう。

スポンサーリンク

刺激に注意しましょう

痒みの原因は様々です。
使っている化粧品や石鹸が肌に合っていない?
布団や毛布、そして服の繊維が肌を刺激している!

そういった物理的な刺激にも注意しましょう。
また痒いからといってボリボリ掻くと?
皮膚を傷めてさらに痒みがエスカレートします。

イライラせずに大きく深呼吸して落ち着くと?
痒みが収まることもあります。
ストレスなど精神的な刺激も回避しましょう。

スポンサーリンク