スポンサーリンク

ストレスの発散にはさまざまな方法がありますね。
オーソドックスなところでいけば、カラオケなど大声を出す行為とか、あまり健康的ではないけれどやけ食いとか、たくさん涙を流したりするのも良いと言われますし、ひたすら草むしりをしてみる人がいたり、物を投げるような人もいます。

何が良くて何が良くないとはなかなか言えませんが、身体に良くないものや、人や物に当たったりするような行為は、あまり良いストレスの発散方法とはいえません。

そんな中、「ホラ活」なるストレス解消法が流行っているようなのです。

「ホラ活」とは?

「ホラ活」とは、「ホラー活動」の略で、例えば、ホラー映画を見るとか、怖い話を聞くとか、そういう「怖い」の力でストレスを解消するという活動のこと。

ホラー体験でストレスを解消する「ホラ活」が斬新 – Excite Bit コネタ

個人的に、理解できない嗜好が2つある。1つ目は、”辛いもの好き”。いや、ある程度の辛さならわかる。しかし、”辛さ×50倍カレー”的な度を超したやつを好む人は理解できない。なぜ、好き好んでそんなものを!?2つ目は、”ホラー好き”。人が死んだり、化け物に襲われたり、血しぶきが飛んだり、そんな映画を観ているだけで私はお風呂に入りたくなくなってくるのだが……。 …

記事によると、ホラー映画を観ることによって、副交感神経が優位な状態になって、ストレスを沈めるのだそう。

「いや、そんなの無理!」と感じた人はご安心を。
この「ホラ活」、ホラー好きな人にしか効果がないのだそう。そもそも、ホラー好きな人というのは、どうも映画などの危機的状況を疑似体験することで、脳が快楽を得ているみたいなんですよね。
だから、ホラーの嫌いな人がホラ活をしようとしても、余計にストレスがかかってしまうということでしょう。
井戸から貞子が出てきた時に外から猫が帰ってきて泣いてしまった筆者にはどうにも向いていなさそうなストレス解消法です。

脳が快楽を得る映画は効果的

ただ、この「映画を観ることでストレスを解消する」という手法自体は、一般化できるストレス発散法。

例えば、恋愛映画の好きな人は、恋愛映画を観るとかなりストレスが軽減される可能性があります。
特に、恋愛でのストレスがあるのなら、主人公とともに泣いたり悩んだり感情移入できるものは、心を正常に近づけてくれます。

ホラーのドキドキは怖すぎても、冒険のドキドキなら気分が高揚するという人もいますよね。
そういう風に、自分の実際の気持ちとは違う部分で心が動くというのは、ストレスを解消するのにとても良いことで、映画の登場人物と一緒に泣いたり、笑ったり、怒ったり、喜んだり、ドキドキしたり……そんなある種「強制的に心を動かす」映画は、ストレスの多い人にはおすすめです。

スポンサーリンク

ストレス解消にピッタリの映画の選び方

では、ストレス解消に良い映画はどうやって選ぶのか。
まずは、自分の好きなジャンルを選ぶこと。
無理に背伸びしてみたり、普段ぜんぜん刺さらないものを選んでも、脳はリラックスすることができません。

次に、心が同じように動くものを選ぶこと。
自分が感情移入できたり、追体験したりできるものがストレス解消にはおすすめです。
その中で、

  • 泣けるもの
  • 叫べるもの
  • ドキドキするもの

が、特におすすめです。
笑えるものでも悪くはありませんが、人間の「笑い」は意外と種類が多く、あまり心が動いていない状態でも笑えてしまったりするので、基準としてはとてもむずかしいです。
自分の気持ちを忘れて、完全に同調できるようなものの方が、ストレス解消には向いていると覚えておきましょう。

また、ストレス解消としての映画鑑賞では、気持ちが自由に出せる環境がベスト。
家族がいて泣けないなんてのはかなりもったいない!
今はパソコンでも映画を観ることができますから、ぜひ存分に自分の気持ちを出せる環境で観てみてくださいね。

スポンサーリンク