スポンサーリンク

クレジットカードを守る3つの方法

11月24日、アメリカの大手ホテル会社、「ヒルトン・ワールドワイド」がグループで運営するPOSシステムが不正アクセスを受けたおかげでクレジットカード等の決済カードの顧客情報が流出してしまったと発表。
このような問題は本来であればあってはならない事ですが、クレジットカードはいつ危険に晒されるのか分かりません。
金融機関への信頼度はもちろんですが、何が起きるか分からない不安は良いものではありません。
そこで、自分自身のクレジットカードを守るための方法をいくつか挙げてみました。

利用明細を必ずチェックする

利用明細は必ずチェックするようにしましょう。利用総額だけではなく、何にどれくらい使ったのかまでしっかりとチェックし、自分が使った覚えのない物や記憶にない物は信販会社に問い合わせるようにしましょう。
信販会社や金融機関にはいつどこでクレジットカードを使ったかの情報がしっかりと記録されていますので、自分が使ったかどうかを判断する事が出来ます。

インターネットと連動させる

クレジットカードの中にはインターネットと連動させる事が出来るタイプの物があります。これがどのようなものなのかと言えば、インターネット上から使用明細を見る事が出来るのです。
逐次チェックしていれば、いつ不正利用を受けたのかを確認する事が出来ます。中にはクレジットカードを使うとメールアドレスに連絡してくれるものもあります。
身に覚えのないメールが来れば、すぐにでも連絡して不正を突き止める事が出来るかもしれません。

使わないカードは退会する

使っていないクレジットカードは財布の肥やしにするのではなく、退会するのも手です。
年会費無料だからといって「いつか使うかも」「持っていても損をするわけじゃない」といった形でついつい持っているクレジットカードもあるかもしれません。
ですがそのようなクレジットカードも不正利用されるリスクがあります。自分自身が使っているかどうかは問題ではないのですから、使っていないカードは不正利用を防ぐためにも解約■退会してしまった方が良いケースもあります。
どれだけ凄腕のハッカーであっても、使っていないクレジットカードのデータを取り出した所で不正は出来ません。
インターネットでもクレジットカードを使う事が珍しくなくなっていますが、だからこそクレジットカードには気を付けるべきです。
不正があってからあれこれ騒いでも遅いケースもあるのですし。

タイプ別に見る、本当にオトクなクレジットカード!

GREEN_kureka
クレジットカードは、どこを選ぶかによってオトク度がかなり違います。
本当にオトクなクレジットカードを選んで持つようにしましょう。

普段使い~年会費無料~

クレジットカードを選ぶとき、年会費のチェックは必ず行うべきポイントのひとつです。
使ってもいないクレジットカードの年会費を払い続けることがないよう、年会費無料のカードがお勧めです。

◆P-oneカード<Standard>

ポイントで還元を行うカード会社が多い中、P-oneカードは請求時に現金で1%を引いてくれます。
1000円で10円分のポイントが付く場合、実質990円で買い物が出来た! と感じるかもしれませんが、これは実は錯覚です。
その10円分のポイントを使うためには、次回もう一度買い物をする必要があります。仮に10円の品物を買ったとすると、1000円で1010円分の品物を手に入れることができたということになりますね。
その場合のオトク率は、約0.99%となり、1%を切っています。
その点、P-oneカードなら、1000円の品物を買った時点で支払い金額が990円となるため、きっちり1%の還元を受けることができるのです。

◆P-oneカード Wiz

同じP-oneカードブランドに、P-oneカード Wizがあります。
これは、基本的にリボ払いとなるカードですが、「ずっと全額コース」に切り替えることでリボ手数料を支払わずに利用することができます。
「2回払い」「3回払い」等、支払方法を毎回変えたい人には向きませんが、そうでない場合は1%の現金割引に加えて1000円で30円分のポイントが付与される(Tポイントへのポイントチェンジの場合は1ポイント=50ポイント換算)ため、非常にオトク度の高いカードとなっています。
手間が惜しくない人にお勧めです。

◆REX CARD Lite

ポイント還元のみですが、いつでもどこでも常に1.25%(リボの場合1.75%)が付与されるカードです。
ただし、月間の利用額2000円ごとに25ポイントという付与率のため、端数が切られやすいという難点もあります。
なお、価格.com安心支払いサービスを利用した場合は1000円で15ポイントと、ポイント付与単位が下がってポイント率が1.5%にアップするため更にオトクです。

普段使い~年会費有料~

年会費が有料のクレジットカードはあまりお勧めできませんが、場合によってオトクになる場合もあります。

◆漢方スタイルクラブカード

1回払いや分割払いの場合、2000円で7ポイント(交換先により、1ポイント3マイル~10円換算)、リボの場合2000円で9ポイントが付与されます。
会費は初年度無料、2年目以降は1500円/年です。
1年間で獲得したポイント数が2000ポイントを超えると250ポイントのボーナスポイントがもらえるため、これを獲得できるなら年会費分をペイすることも可能となります。
ただし、ボーナスポイント規程は2016年1月付与分まで、通常のポイント付与率も2015年11月付与分までで変更になるそうです。
さらにオトクになるのか、それともオトク度が減るのかは現時点ではわかりませんが、カード利用が多い方はチェックしておいても良い1枚だと言えるでしょう。

目的特化型

◆楽天カード

年会費無料で、楽天市場での買い物はポイント還元2%となります。
キャンペーンも多く、楽天市場をよく利用する人は持っていて損のないカードでしょう。

◆タカシマヤセゾンカード

年会費無料で、高島屋での買い物が2%ポイント還元されます。
ボーナスポイント制度もあるため、高島屋での買い物が多い方にお勧めです。

◆出光まいどカードプラス

出光での給油時にガソリンと軽油が2円/リットル引き、灯油が1円/リットル引きとなるカードです。
年会費も無料なので、出光での給油が多い人は作っておきましょう。

スポンサーリンク