スポンサーリンク

行政書士と中小企業診断士との類似点は何か

ちょっと不思議な資格に、中小企業診断士があります。
実際にはどんな資格なのでしょうか?
簡単に言えば?
中小企業の経営コンサルタントをするための資格です。
つまり企業の相談役になれる仕事です。
ならば行政書士との類似点もありそうです。

受験資格に制限がない

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
受験資格に制限がないことです。
例えば弁護士や税理士には学歴などの制限があります。
しかし行政書士と中小企業診断士を目指す際は?
年齢や学歴に関する条件はありません。
そういう意味では両者ともにすべての国民にとって平等な資格です。
人生を一発逆転したい!
それを叶えてくれる資格と言えそうです。

合格率が低い

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
合格率が低いことです。
この理由は?
受験資格に制限がないことも関係しそうです。
とはいえ弁護士や税理士も難関です。
そうであるなら学歴は関係ない?
安易に挑戦しても難しいということかもしれません。
両者の受験を考えているならば?
相応の準備と覚悟をしておきましょう。
もちろん国家資格に人数制限はありません。
頑張って基準をクリアすれば?
倍率に関係なく資格は得られます。

独立開業してこそ生きる

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
独立開業してこそ生きる資格である点です。
言い換えるなら?
企業内にいるサラリーマンが取得したとしても?
あまり会社内で威力を発揮することはないでしょう。
昇進や昇給にも響かないでしょう。
もちろん行政書士事務所や経営コンサルタント会社であれば?
逆に資格がないと意味がありません。

コミュニケーション力が求められる

行政書士と中小企業診断士との類似点は?
コミュニケーション力が求められる点です。
営業して顧客を開拓することも当然です。
なお同じような企業からの相談であっても?
行政書士ならアドバイスに止まるでしょう。
しかし中小企業診断士であれば?
経営内容へ突っ込んだ意見を言うことになります。
それでも企業との距離感による違いの方が大きいでしょう。
行政書士や中小企業診断士で大切なことは?
結局は人とのつながりです。

中小企業診断士とダブルライセンスが主流

中小企業診断士は、どちらかというと行政書士からワンランクアップした資格?
そんなイメージがあるようです。
例えば行政書類の作成を依頼されたけど何らかの助言をしたい場合?
中小企業診断士の資格があれば説得力が高まるかもしれません。
今後は行政書士プラス中小企業診断士のダブルライセンスで活躍する人が主流になりそうです。
ちなみに行政書士の資格試験で学んだ内容は?
中小企業診断士の資格試験において直結する部分が多々あります。

スポンサーリンク