スポンサーリンク

国際化の時代と言われて、どれだけ過ぎたでしょうか?
日本の企業でも社内公用語を英語にするケースが増えています。
もはやビジネス界は日本一国では済まない状態になってきました。
言い換えると?
英語ができなければ出世できない!
もちろん独立開業している行政書士でも英語力が必要?
そんな時代になっているようです。

行政書士でも英語力が必要?

行政書士は日本国内で有効な資格です。
ならば英語は必要?
ではない!
役所に提出する書類は、原則としてすべて日本語です。
つまり単なる行政書士の業務であれば?
英語力は必要ないでしょう。
とはいえ世の中は英語ができて当たり前の状況に進んでいます。
英語が使えれば?
外資系企業などへの営業が可能になるでしょう。
外国人登録証明書など外国人との接触も増えるはずです。
そうであれば?
これからは行政書士でも英語力が必要?
当然そうなってくるでしょう。

英語ができると仕事が増える

行政書士にも専門分野はありますが、外国人を担当する人も少なくありません。
2020年の東京オリンピックを控えて、外国からの観光客やビジネスマンは増加するでしょう。
日本人も海外へ行けばわかりますが、当然の如く口コミに頼る?
現地の日本人会などから、地域の情報をもらうものです。
同様に日本在住の外国人も口コミネットワークを持っています。
あの行政書士は信頼できる!
そんな噂が流れれば?
芋づる式に仕事が舞い込んできます。
特に現状では英語が堪能な行政書士はまだ多くない?
今のうちに顔の広そうな顧客とつながっておけば?
依頼がどんどん増えていく!
可能性は否めません。

スポンサーリンク

ビザの申請

行政書士が英語を活かせる業務として、外国人の就労ビザ申請があります。
海外企業が日本法人を作る場合、国内企業が外国人を雇うケースもあります。
大きな企業と顧問契約ができれば?
業務は益々広がっていくでしょう。
反対に中小企業で働く外国人も、合わせてみれば大多数になります。
ここでも企業間の口コミや紹介が期待できます。

英語は成功へのパスポート

本当に英語は必要?
今までのスタイルで営業していくこともできます。
とはいえ英語は成功へのパスポート!
無限の可能性を秘めています。
変な拘りやコンプレックスを捨てて、英語を学習しましょう。
もちろん英語は今日暗記すれば明日話せる?
そんな簡単なものではありません。
日々の小さな積み重ねが大切です。
なお英語が習得できたならば?
さらに中国語や韓国語、東南アジア系やヨーロッパ系の語学へも挑戦しましょう。
今後ニーズが出てくる?
勉強する必要?
神様ではなくても明白です。

スポンサーリンク