スポンサーリンク

先日、日常生活の中に織り込めるダイエット作戦を考えよという事の中で、お風呂にのんびり入るというのが一つ、時間的にも効果的にも、精神的にも有効的なダイエット方法であるという結論に達しました。そこで今日は、そんな入浴でさらに痩せられるであろう作戦をご紹介したいと思います。

効果倍増のお風呂正座

いきなりですが、以前「なんと、究極の骨盤ダイエットは、たった30秒の朝正座だった!」でご紹介した寝起きの正座、今も頑張って続けていらっしゃいますか? 見るからに簡単そうで、僅かな時間で出来るダイエットでした。故に、恐らく、多くの方が今でも頑張っておられるだろうとは思いますが・・・。

朝正座は何処へ?

日本人なら、誰でも出来ると言っても過言ではない正座で痩せられるんです。それも、1日たったの30秒ほどでOKというのですから、よ~し、これなら~!!っと、早速トライされた方は多かったはず! とは言え、今となっては、そういえば、そんなのあったわねぇ!という方もいらっしゃるだろうと思います。

何しろ、たった30秒とは言え、朝の時間は恐ろしく貴重です。その30秒が、いつもの電車に乗れるか乗れないかを左右したりもしますから、おちおち座ってなんぞいられないという事にもなって来るのでしょう。だったら、その30秒を入浴タイムに移行してみられてはいかがでしょうか?

布団から浴槽へ

実は、あの30秒正座ダイエットは、元々お風呂で実践するのがお勧めとされていたはずのものだったのですが、近頃は、忙しい方や節約派のシングルを中心に、冬でもシャワーしか浴びないという方が増えています。

そうなると、入浴中には出来ない事になってしまい、ならば、誰もが必ず一日一度は迎える寝起きの時間を使ってはどうかという思考だったのです。ですから、毎日お風呂に入る習慣のある方なら、間違いなく、ここに織り込むのがベターという事になるでしょう。

お風呂正座の効果効能

正座の場所を布団の上からバスタブの中に移したからと言って、そのスタイルや効果効能が大きく変わる訳ではありません。なので、あくまでも上記の姿勢がお風呂正座での形であると思っておいて頂ければいいでしょう。

浮力の力で足への負担を軽減

ならば、何故、本当の正座ダイエットはお風呂の中がお勧めなのかと言うと、まず、浮力の助けを借りられるお陰で、普段は膝が痛くてうまく正座が出来ないというような方でも、容易にその姿勢が作れる事! 特に太っておられる方は、日頃から足への負担が大きく、膝を痛めておられる方が少なくありません。故に、布団の上ではなく、お風呂の中の方が間違いなく安全で、十分な効果も得られる事になるのです。

リラックス効果で痩せやすい体作り

さらに、元々ほっこりのんびりした時間を過ごすべく入る浴槽の中においては、30秒どころか、1分以上、恐らく、3分程度までなら、比較的苦痛なく星座を維持出来るものと考えられます。そうすれば、当然ですが、それだけ血行や代謝は円滑になり、骨盤の位置もしっかりと整えられますから、痩せやすく太りにくい体作りが出来るという訳です。

スポンサーリンク

お風呂正座のやり方

という事で、お風呂はゆっくり足腰を伸ばす前に、取り敢えず30秒はきちんと正座で、慎ましやかに入る! それでは、その慎ましやかな正座のやり方を改めて練習してみましょう。

ステップ1、まずは気をつけ!

まずは、どっこらしょっと言いながら湯船に両足を浸けたら、両足を揃えて姿勢を正し、気をつけ! そのままの状態で、左右の膝から踵までの間をピッタリと貼り付けるように揃えます。当然ですが、ふくらはぎの内側は真っ直ぐくっつきますね。とは言え、ここまではまだ、全くと言っていいほど苦痛は感じないはず! 意外と辛いのはこの後からです。

ステップ2、いざ正座!

ステップ1の体制のまま、ゆっくりと膝を曲げ、上半身をお湯に浸けて行きます。そして、最終的にはお尻を踵の上にどっしりと載せ、正座の出来上がり! ところが、余裕のある人は、もしかしたら、膝から踵までの間が隙間だらけかも知れません。ふくらはぎが完全に離れているという状態の事も多いでしょう。

ビギナー正座とステップアップ正座

実は、以前の朝正座に真面目に取り組まれた方なら記憶にあるかと思いますが、この膝と踵を話してはならないというダイエット正座は、意外と辛く、ふくらはぎの辺りがパンパンに張るような感覚すら感じるものなのです。

しかし、それにより、しっかりとふくらはぎに圧力が掛かり、効果を得る事が出来ます。逆に言えば、これをなくして正座ダイエットは成り立たないと言っても過言ではないでしょう。

ビギナー正座

しかし、いくら効果を得たいからと言って、無理は絶対に禁物です。単に翌日、筋肉痛に見舞われる程度なら、むしろ、頑張った実感があっていいのかも知れません。けれど、膝や腰を傷めるのは問題外ですので、上記の基本的なダイエット正座が上手に出来ない人は、一先ず、準備段階の正座から始められる事をお勧めします

とは言っても、正座は正座で、上記と流れ的なものは同じです。ただ、ステップ2で腰を下ろす際、爪先立ちになった状態でお尻を踵に乗せ、そのままで取り敢えず10秒以上我慢するという簡易的な正座です。一度布団の上で試してもらえば分かりますが、たったこれだけの違いでも、ふくらはぎに掛かる負担は大違い! 随分楽に感じるはずです。

ですので、先日の朝正座にせよ、今回のお風呂正座にせよ、最初はここからスタートし、数日後に本格的な正座が出来るようになれればいいという考え方で始められてもいいでしょう。

ステップアップ正座

また、基本の正座がしっかりと出来るようになり、ある程度苦痛なく入浴を楽しめるようになったら、更なる効果的なクロス正座に移行される事をお勧めします。このクロス正座というのは、正に読んで字のごとく、左右の足を交差させて正座するというもので、この場合は、一気に長時間するのではなく、一定のペースで左右の足を入れ替えます。

ただし、やはり踵と膝はしっかりとくっつけるのがポイントですので、見た目ほど楽ではありません。という事で、正にこの辛さこそがダイエットなのであります。
<参考>→【痩せる入浴法】正座するだけのお風呂ダイエット5つの効果 ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

スポンサーリンク