スポンサーリンク

不妊治療中に美容整形できるのか

カップルの10組中1組は不妊に悩んでいる?
少子化の問題はここにもありそうです。
とはいえ晩婚化の影響が大きい?
女性の生き方を否定してはいけませんが、生物学的に捉えると?
16~25歳が出産適齢期と考えられます。
そこで不妊治療が市民権を得始めています。
しかしその年代は美容整形にも興味がある?
では不妊治療中に美容整形を受けることはできるのでしょうか。

プチ整形なら可能か

美容整形クリニックでは不妊治療を実施していないケースがほとんどです。
もちろんそんなお問い合わせもあります。
その場合には提携する不妊治療専門のクリニックを紹介するようです。
一方で不妊治療中に美容整形を受けたい?
当然ですが大規模な手術は控えるべきでしょう。
しかしプチ整形なら可能でしょうか?
メスを使わない二重手術なら問題ないでしょう。
それでも人体に負荷がかかります。
どんなに強心臓の女性であっても、ストレスを感じるはずです。
するとホルモンバランスが崩れる?
排卵へも微妙に影響することが示唆されています。

スポンサーリンク

不妊の理由は男性にある

不妊治療を始めるに際して、不妊の理由は何か?
これが第一に考えられます。
昨今の研究によれば不妊カップルの半分は男性側の異常と指摘されています。
これは昔からそうだったようです。
しかし男性が不妊検査を受けることはほとんどありませんでした。
そして不妊の原因は女性にある!
決め付けてきました。
それでどれだけの女性が傷付いたことか?
なお不妊の原因が男性にあるなら?
女性が美容整形をしても問題はないでしょう。
もっと魅力的になって、受精能力のあるタフな男性を探す?
それも選択肢のひとつでしょう。

美容整形は控えましょう

女性の側にも少なからず不妊の原因があるならば?
不妊治療中の美容整形は控えましょう。
使っている薬剤などが母体に影響することは否めません。
それ以前に自律神経系やホルモンバランスが乱れる要因です。
妊娠とは確率論的に考えても、極めて奇跡的な現象です。
ちょっとしたことで堕胎してしまうこともあります。
精子と卵のランデブー期間も限定的です。
それをすべて合わせるのは?
忙しい現代社会では難しくなっているのも事実です。
妊娠を欲しているなら?
前後1年は、美容整形を止めるのが賢明です。

優先順位を考えましょう

現代社会は何でもできるようになっています。
しかし優先順位を考えましょう。
美容整形手術ではなくても、美容に薬品を使っているなら?
胎児に影響を与える危険が否めません。
流産や奇形の心配もあります。
若い時代の無茶が関係している?
いまさら言っても仕方ありませんが、本当に子供が欲しいなら?
我が子のためにできる限りのことをしてあげましょう。

スポンサーリンク