スポンサーリンク

インターネットの普及に伴い、インターネット上でお仕事を見つけて在宅でお小遣い稼ぎ…が特に難しくはない時代になりました。5月10日、横浜市でも在宅勤務を試行するとニュースでも報じられていました。
一方で、当たり前になるほど多くのお仕事が出来るようになれば、そこにはまっとうで安心出来る業者もいれば、顔が見えないからという事で有り得ない程の低賃金や、礼節さえぞんざいな業者がいるのも事実です。そこで、良い在宅ワークを探すためのポイントを幾つか挙げてみるとしましょう。

連絡先を教えてくれるのか

連絡先をどれくらい教えてくれるのかは一つの指標になります。仕事を募集しているサイトは多々あります。マッチングサービスの一種と考えてよいのですが、やりとりは自分たちで行う事になりますので、事細かに連絡先を教えてくれる業者もいれば、まるでプライベートのメールなのではないかと思うような短い物や、必要な事が記載されていないようなメールもあります。
在宅でのお小遣い稼ぎで一番大切な点は、「報酬を支払ってくれるのか」です。言われた通りに頑張ったものの、いざお代を受け取ろうと思ったら連絡が取れなくなる…。このようなケースが増えているとも言われています。
特に昨今は、個人でアフィリエイトを行っている人が作業簡略化のために人手を募集していたりもします。会社組織ではないため、かなりお粗末なケースも多いです。
最低限、住所、電話番号、フリーメールではないメールアドレス。会社であれば検索に出てくるのか。これら程度は必須と言えるでしょう。

相場をチェックする

当初は料金を公開していない案件もあれば、料金を公開している所もあります。「要相談」として、料金を表示していないような所は大抵格安で済ませようとします。
また、料金を公開しているからといって決して高額とも限りません。お仕事を依頼する側としても、出来れば料金は抑えたいのです。そこで、同じようなお仕事が他にないのかをチェックしてみると良いでしょう。
相場よりも明らかに安いとなると、労働力がもったいないですし、相場よりも上であればやる気次第で稼げるようになります。報酬はとても大切な部分ですので、しっかりとチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

個人か会社か

先に個人で仕事を募集している人も増えているとお話しましたが、個人か会社か。これもとても大切です。というのも、個人の場合、やはり会社と比べていろいろな部分でいい加減な人が目立ちます。
会社組織であればお代の振込はもちろんですが、仕事の指示やサポート、マニュアルを用意していたりと、顔を合わせないからこそ細かい配慮もしているのですが、個人の場合はそれらを用意しているような人はあまりいません。
むしろ大雑把に「お任せします」と投げてきたものの、「ここはこうして欲しい」といったように、後出しで細かい注文をしてくるような人も多いです。

業務委託契約書に騙されないように

個人でも会社でも、近年では業務委託契約書を交わすところが増えているのですが、これを用意しているから「安心出来る」と考えるのは早計です。
よくよく中身を見てみると、労働者側が明らかに損な立ち回りのものもありますし、思わず「!?」と思うような調子の良い事が記載されているケースもあります。これらを用意しているからといって「健全な業者」だとは言い切れません。
中身もしっかりとチェックしておきましょう。

人間性

在宅云々ではなく、仕事は仕事です。その際、能力はもちろんですが根底にある人間性との相性もとても大切になります。
やり取りの度に違和感を覚えるような物言いの相手では信頼関係は築けません。顔が見えない分、相手への配慮をより気を付ける。これを理解していないと、在宅でのお仕事は難しいでしょう。

スポンサーリンク