スポンサーリンク

納骨の服装に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。葬儀や告別式ともなると、単純に喪服で…という思いになりますが、納骨となると、どのような服装で出席するものなのか悩む人も多いのではないでしょうか。確かに納骨というのは納骨だけですので、そこまでしっかりとした服装をしなければならないのか解らないという人も多いかもしれませんが、納骨も基本的には喪服です。葬儀の一種ですので、納骨が常識です。しかし、「平服で」という案内があれば喪服に拘る事もありません。その部分は案内をしっかりと読む事が大事になってきます。納骨と言っても基本的には法事ですから、納骨が常識と考えて差し支えないでしょうね。また、納骨の際には少々お金を包むのも常識ともいえますので、その部分にも配慮が必要なのです。
法事というのは様々な常識のあるものですので、その常識に則って、しっかりと故人を見送る。そのような意識をもっておかなければなりません。なぜなら、法事の主役というのは出席者ではなく故人ですので、故人に対して失礼のないよう常識をわきまえる事が大切なのですから、その部分をしっかりと心掛けておかなければならないものだと理解しておきましょう。

スポンサーリンク