スポンサーリンク

探偵に向いている人の性格は

探偵に興味はあっても、人には向き不向きがあります。
探偵は労多くして益少なしです。
テレビドラマのような華やかさはありません。
成果が必ず出るわけでもありません。
利害関係者から訴えられたり、苦情を受けたりします。
長期間仕事のない時もある?
そんな探偵に向いている人は?
どんな性格が、探偵に求められるのでしょうか。

忍耐強い

探偵の仕事と言えば?
張り込みや尾行があります。
素人がやるとバレバレ?
案外難しいものです。
とはいえ場合によっては24時間待ったけど成果なし!
そんなことも稀ではありません。
それでもじっと我慢できる?
雨にも負けず風にも負けず!
近隣住民から胡散臭がられたり?
警官の尋問を受ける!
こんな時にも慌てない。
一方で地道に聞き込みを行う!
門前払いされても耐える人!
つまり忍耐強い人こそ探偵に向いている人です。

体力がある

探偵は立ち仕事の連続です。
場合によっては逃げる?
走ることもあります。
自由に飲み食いもできません。
夜中に張り込む!
トイレにいけないことも?
そういう意味では体力があること!
探偵に向いている人として重要な要素です。
時には敵と戦うこともある?
危ない依頼は受けない方が身の為ですが、イヌに追いかけられる?
覚悟はしておきましょう。

好奇心がある

好奇心がある人も、探偵に向いている人です。
そもそも探偵は調査業です。
なぜこれを調べるのか?
そのためにはどうするか?
そういう興味が湧かないと?
探偵は地味なので辛い仕事になってしまいます。
図書館に篭って古い新聞や電話帳を一行一行読み進めていく!
その作業に意味を見出せるか?
小さな発見に感動できる?
これが成果につながります。

口が固い

依頼人の秘密は守る!
探偵として最低限のことです。
場合によっては、夫婦双方から浮気調査の依頼を受けていることがある?
どちらに対しても味方であり敵である?
しかしそんな素振りは見せない!
殺されかけても口は割らない!
それだけ口が固い!
探偵に向いている人です。
一見すると、探偵は口が上手い方が向いている?
セールスマンと同じことであり、聞き上手!
無口な人の方が、話を引き出せる?
案外成功するようです。

人が好き

何といっても人が好き!
いろいろな人に会うのが好きな人こそ、探偵に向いている人です。
依頼人に対して冷静であることも重要です。
しかし依頼人の人生に共感する!
それが探偵魂を動かしているのも事実でしょう。
調査が終われば赤の他人に徹するべきですが、心の奥底で心配している?
そんな情け深さが探偵の命でもあります。

スポンサーリンク