スポンサーリンク

要介護認定を受けるためには、介護保険認定調査員による訪問調査が必要です。実に百近い調査項目に従って調査を行い、介護度を決定する重要な資料をつくる介護保険認定調査員は、社会的に非常に重要な職業であるといえるでしょう。
では、その介護保険認定調査員の年収はどのくらいなのでしょうか。

非常勤が多い介護保険認定調査員

実は、介護保険認定調査員の多くは、非常勤で地方自治体に勤務しています。
そのため、ボーナスは支給されない場合も多く、そんなに高額年収を求めて目指すようなポストにはないといえます。
ただし、収入はさすが専門職といったところ。地域によって、形態も月収もさまざまではありますが、週4?5日の勤務で、月々15万円前後?もらえるのが一般的です。多いところでは、月収が30万円を超えるような求人もあります。非常勤にしてはとても高いですよね。

調査件数に応じた報酬も

多くの場合、1日に数軒を訪問して調査する介護保険認定調査員。そのため、月給だけでなく、調査件数に応じて調査報酬を上乗せするような形態を取るところもあります。
非常勤で、任期もわりと短いことが多いですが、その割には高い年収の仕事だといえそうです。

スポンサーリンク