スポンサーリンク

発達障害!
どんなことをイメージしますか。
とはいえ明確な定義は難しいようです。
そのため多くの混乱や誤解が生まれています。
もちろん当の本人や家族も悩んでいます。
自分はおかしいのか?
そう考えることは誰しもあります。
逆に自覚できない!
トラブルを生みがちですね。
発達障害は特別なことではありません。
他人事ではありません。
悩んだりイラついたりしないためには、
誰もが知っておくべきことがあります。

発達障害とは

そもそも発達障害とは何でしょうか。
いわゆる自閉症を含みます。
学習障害(LD)
注意欠陥多動性障害(ADHD)
これらを併せた広い概念です。
一般的には
・コミュニケーションが上手くとれない
・自分勝手な行動をする
・計算など特定の学習能力に欠ける
逆に
・描写力やスポーツ、記憶力など特異な才能を持つ!
アスペルガー症候群と呼ばれるタイプもあります。
言い換えるなら、ちょっと変わった人?
発達障害の可能性はあります。
比較的新しい概念です。
大人でも当人が気付いていない?
そんなケースは少なくありません。

知っておくべきことは何か

発達障害という言葉が誤解を生みがちです。
しかし誰もが知っておくべきことがあります。
それを理解すれば無用なトラブルは防げますよ。

1.誰でも要素はある

発達障害は、多かれ少なかれ誰もが要素を持っています。
例えば子供の頃に、特定の科目が苦手だった!
もちろん努力不足はあるでしょう。
しかしどんなにやってもできない!
脳の一部に欠陥?あるのかもしれません。
とはいえ病気なのでしょうか。
それを個性と捉えるべきなのでしょう。
人はそれぞれ顔が違います。
それと同じように脳や身体の仕組みも100%同じではありません。
だから病気になりやすい人もいるのです。
逆に特異な才能を持つ人も稀ではありません。
誰にも負けない特技!
中にはまだ自分で気付いていないだけの人もいます。
そういった能力を伸ばすことにより「障害」ではなくなります。
災い転じて福と成す。

2.大人でもある

会社にもいるでしょう。ちょっと変わった人が。
自分もそう言われているかもしれませんよ。
つまり大人でも発達障害が稀ではありません。
これまでは診断技術がありませんでした。
そのまま見過ごされていたのです。
例えば
・人付き合いが悪い!
・超自己中!
・空気が読めない?
可能性はあります。
組織や集団として考えれば?
扱い辛い人たちですね。
本人も、組織に馴染めない!
思っているはずです。
我慢できるレベルであれば?
そのまま続けるべきです。
しかし我慢の限界に来ていれば?
無理をしていはいけません。
悪い方向へ行ってしまう危険が否めません。
今の日本社会では?
ちょっと変わった人を受け入れる余裕がないのでしょう。
とはいえ彼らの特異な才能を活かす場はあるはずです。
当人が起業するのも一法です。
それを支える仕組みがあれば?
日本はもっと活性化するはずですよ。

3.医師もよく知らない

発達障害における最も深刻な問題は何か?
専門外であれば、医師もよく知らないことです。
そもそも医師自体が発達障害の可能性も否めません。
例えば患者の目を見て話さない医師?
超自己中の医師?
少なくありませんね。
逆にそんな才能があったから?
超難関の医学部に合格できたのかも。
冗談はさておき。
親が子供のおかしさに気付いて医者と相談しても?
問題ありません!
そう言われ続けることもあります。
勉強できないのは努力不足!
特に医者ならそう思うでしょうね。
そうやって悶々と思春期を迎えてしまうのです。
親や本人が自覚できたなら?
なるべく専門医を訪ねましょう。
早いほど対処法はあります。
もちろん当人や家族が落ち着けるでしょう。

スポンサーリンク

他人事ではありません

糖尿病などの生活習慣病は、
まったく減る傾向を見せません。
つまり啓蒙には限界があるのでしょう。
自分が糖尿病と指摘されても?
意に介さない人もいます。
ならば発達障害のように曖昧な概念は、
もっと社会には浸透しないでしょう。
しかし発達障害は他人事ではありません。
社会で生きていくためには
正しい理解が不可欠です。

スポンサーリンク