スポンサーリンク

誤嚥とは?
間違って飲み込む!
一般的には食べ物が気管に入ってしまうことを意味します。
一方で食べ物以外を飲み込んでしまう?
子供にありがちな誤嚥です。 

誤嚥を予防する5つの方法

1.嚥下力を高める
2.食べやすくする
3.姿勢を正す
4.病気を見つける
5.小物に注意

では具体的に解説してみましょう。

1.嚥下力を高める

嚥下力を高めるにはどうするか?
喉の筋肉を鍛える?
例えば首や口のトレーニングによって嚥下力を高めることができるようです。
具体的には?
肩の力を抜いて、首を前後左右に曲げる。
この際は筋肉を十分伸ばすように心掛けましょう。
また頬を膨らませたりすぼめたりする!
舌を出したり引っ込めたりする?
これらを日々繰り返すことで?
嚥下力を高め、誤嚥が予防できるようです。

そもそも誤嚥は寝たきりの高齢者などに多い症状です。
しかし中年過ぎると?
咽やすくなった!
経験があるでしょう。
気付いた時からトレーニングを始めておけば?
他の病気になった場合にも役立ちます。

2.食べやすくする

日頃健康な大人でも?
粉っぽいものは咽やすいものです。
これが高齢者や病人になれば?
なおさら誤嚥の原因になるでしょう。
そういう意味でも?
誤嚥を予防するには?
個々の食材を食べやすくする!
食べ物を細かくして食べやすくする!
流動食は味気ないものですが?
昨今は様々工夫された食材があります。
誤嚥で困っていれば?探してみましょう。

3.姿勢を正す

誤嚥を予防するポイントとして?
姿勢を正す!
横になって飲み食いしていると?
若者でも誤嚥しやすいものです。
介護の現場でも?
食事をする際には身体を起こして姿勢を正す!
これだけでも誤嚥を予防できます。
また食後も2時間程度は姿勢を正した状態にする!
ゲップなどで胃から逆流したものが気管へ入ってしまうケースが少なくありません。

4.病気を見つける

誤嚥には様々な病気が隠れているようです。
もちろん老化もあるでしょうが、口の病気?
例えば口内炎があり、痛くて上手く飲み込めない!
扁桃炎や咽頭炎など喉に病気がある場合も同様です。
さらに脳梗塞やパーキンソン病などのケースでも誤嚥しやすいようです。

一方で精神性疾患?
気持ちが落ち込んで食欲がない!
ストレスが溜まっている?
そんな際にも誤嚥しやすい!
そういう意味では?
誤嚥を予防するために病気を見つける!
基礎疾患を治療すれば?
嘘のように誤嚥がなくなることも稀ではありません。

5.小物に注意

子供などに多い誤嚥は?
異物を飲み込む!
小さい子供は何でも口に入れる癖があります。
そういう意味では小物に注意!
子供の口に入りそうなものを身近に置かない!
これが誤嚥の予防には重要です。
意外な盲点がある?
一度子供の目線に合わせて家の中を見回してみましょう。

意外な落とし穴?誤嚥が起こる、このパターン

なお案外多いのが?
歯の治療中における誤嚥!
こちらは歯医者を信用するしかありません。
しかし考えてみれば?
患者の側も常に緊張感を持って治療に当たるべきなのでしょう。

スポンサーリンク

日々予防しましょう

以上、日々心掛けてみましょう。
誤嚥は小さなことが予防につながります。
当たり前?
そう思わずに日頃から注意してみましょう。

スポンサーリンク