スポンサーリンク

静脈瘤は聞きなれない病気です。
それでも昨今知られてきたのは?
足の血管が浮き出る?
下肢静脈瘤です。
一方で食道や胃でも静脈瘤は発症します。
ここではちょっと稀な?
消化器系の静脈瘤をみてみましょう。

静脈瘤を予防する5つの方法

1.肝硬変を予防する
2.ストレスを溜めない
3.定期検査を受ける
4.よく噛んで食べる
5.病気を治療する

では具体的に解説してみましょう。

1.肝硬変を予防する

基本的に食道静脈瘤や胃静脈瘤は?
それだけ単独で発症することはありません。
ほとんどのケースは?
肝硬変が原因です。
そのため食道静脈瘤や胃静脈瘤を予防するためには?
基礎疾患である肝硬変を予防する!
肝硬変の予防には?
アルコール摂取を控える!
生活習慣病を予防することが第一です。
なお食道静脈瘤は?
自覚症状を伴わないこともあります。
しかし一度静脈瘤が破裂すれば?
大量の吐血!
一方で肝臓が弱っているため止血できない!
どんどん悪い方向へ至ります。
そういう意味でも?
日頃から健康状態に気を配りましょう。

2.ストレスを溜めない

食道静脈瘤や胃静脈瘤は?
ストレスなどからも生じることがあるようです。
適度なストレスは生活にメリハリを与えてくれます。
しかし過度なストレスは?
万病の源です。
胃潰瘍もストレスから発症する?
一番弱っている箇所がしわ寄せを受けて腫れあがる?
静脈瘤に限らず病気予防にはストレスを溜めない!
ストレス解消法を身に付けましょう。

3.定期検査を受ける

肝硬変になっていれば?
治療を受けているはずです。
その一環で?
食道静脈瘤や胃静脈瘤が発見される!
多々あります。
そういう意味でも定期検査を受ける!
静脈瘤の破裂を予防する意味でも不可欠です。
なお食道静脈瘤が発見されたなら?
それを切除するまでは安静に過ごす!
重い物を持ち上げたり、激しい運動は控えましょう。

4.よく噛んで食べる

食道静脈瘤や胃静脈瘤は?
粘膜が傷付いて生じることもあります。
そういう意味でも?
よく噛んで食べる!
大きな物を飲み込むと?
食道や胃の粘膜が傷付きます。
特に高齢であったり体調が弱っていると?
粘膜が傷みやすくなっています。
よく噛むことで唾液が分泌される!
炎症を抑えることにもなるので、一石二鳥でしょう。
もちろん辛い物など刺激物も粘膜に影響する?
食道静脈瘤を予防する上では?
総合的に食生活を改善しましょう。

5.病気を治療する

今罹っている病気があれば?
可及的速やかに治療しましょう。
自覚症状がないから問題ない!
そう考えている病気であっても?
身体に大きな負荷をかけている!
可能性は否めません。
小さな物理的、精神的ストレスが状態を悪化させている!
稀ではありません。
素人判断は禁物です。
定期健康診断などで医師から指摘されたなら?
素直に認めて病気を治療しましょう。
先延ばしをすれば?
治療に時間とお金がかかるし、二次的な病気が発生して収集がつかなくなる!
食道静脈瘤が生じれば?
まさに命に係わります。

日々健康に気をつけましょう

以上、日々心掛けてみましょう。
病気には必ず因果関係がある!
そのつながりを絶つ!
これが健康に暮らす上では大切です。

スポンサーリンク