スポンサーリンク

出産後の結膜炎には注意しましょう

現代ではあまり意識することもなくなりました。
しかし出産は一大イベントです。
場合によっては母子双方もしくはどちらかの命を失うことも否めません。
そういう意味では出産を安易に考えてはいけません。
例えば昨今多いのは?
母親が無理なダイエットをしていることです。
肥満も問題ですが、痩せすぎは難産になったり未熟児になる危険を有しています。
一方で産後は免疫力が低下します。
そのため結膜炎などの感染症に罹りやすいようです。
こちらも十分に注意しましょう。

健康維持に努めましょう

出産後、結膜炎を含めた感染症に罹るケースが少なくありません。
これは出産に伴い、一時的に免疫力が低下するためです。
また子供に多くの栄養を与えてしまったため、母体の体力が衰えていることも大きな要因です。
したがって出産前に十分な栄養を蓄えておくことが大切です。
特に母体が弱っていると、母乳を通じた赤ちゃんへの影響が否めません。
健康な子供に育てるためにも、まずはお母さんの健康維持に努めましょう。

赤ちゃんへうつさないように

お母さんが産後、結膜炎になると?
心配なのは赤ちゃんにうつしてしまうことです。
人間は、基本的な免疫を胎内で受け取っています。
そのため母乳を使わなくても赤ちゃんを育てることは可能です。
しかし出産後の赤ちゃんは非常に弱い存在です。
少しの細菌やウイルスでも状況が悪化することは否めません。
そういう意味では赤ちゃんと触れる前に手洗いを励行しましょう。
結膜炎に罹っていれば?
適切な治療を受けましょう。

アレルギーの薬は使えるか

結膜炎の中でも避けられないのがアレルギー性結膜炎です。
もちろん花粉症を考慮して出産計画を企てることもできるでしょう。
しかし昨今は通年性のアレルギー性結膜炎も珍しくありません。
ならば出産は諦めるべきなのでしょうか?
そこまで深刻になる必要もありませんが、妊娠中および出産後に結膜炎の薬を使用する際には?
必ず医師と相談しましょう。
ドライアイを防ぐような目薬なら、特に問題はありません。
ただしステロイドを含むタイプであれば?
母乳を通じて赤ちゃんに影響する可能性は否めません。

クラミジア性結膜炎

妊婦さんの結膜炎で注意したいものにクラミジア性結膜炎があります。
クラミジアは性感染症でもあります。
自覚症状がないケースも多いため放置してしまうようです。
すると出産時に赤ちゃんが産道感染する可能性もあります。
もちろん産科医院では、クラミジアの検査をしてくれるでしょう。
一方でしてもらっていなければ?
早めにチェックしておきましょう。
産後は疲れや慌しさがあり、対処できないものです。

スポンサーリンク