スポンサーリンク

結膜炎の時は飲酒を避けましょう

結膜炎を深く考えていない人も多いようです。
特に大人であれば、眼が疲れる程度で済むからでしょう。
もちろん命には支障ありませんが、安静にすべきです。
また仕事ならば仕方がありません。
とはいえアフターファイブの飲酒も仕事?
ストレス解消に不可欠だとしても、結膜炎の時は?
飲酒を避けた方が良さそうです。

血が止まらなくなる

深酒はもちろん厳禁です。
しかし嗜む程度であれば?
百薬の長と呼ばれます。
この理由は何か?
つまり適度のアルコールであれば血管拡張作用があるため、血流を促してくれます。

血の巡りが良くなるので、健康にも良い!
指摘があります。
とはいえ日頃健康であれば、健康を維持できる!
そういう意味に過ぎません。
生活習慣病などがあれば、即刻禁酒すべきです。
ではなぜ結膜炎で飲酒を避けるべきなのでしょうか?
それは血流が良くなり、眼の出血が激しくなる危険があるためです。
涙のように血が流れ出ることはありませんが、眼にとっては負担がかかっている状態です。

免疫力が低下する

一方でお酒を飲むと、アルコールの分解に身体が向かってしまいます。
すると他の部分への防備が甘くなってしまいます。
寝酒のように飲酒後すぐ眠ってくれれば良いでしょう。
しかし歯止めが利かなくなる?
エネルギーを消費してしまい、免疫力が低下する事例が指摘されています。
結膜炎の時は、可能な限り安静にすることが、早期回復のために求められます。
そういう点からも飲酒は避けるべきのようです。
なお寝酒は睡眠導入としての効果はあります。
ただし睡眠中も神経系が興奮していたりトイレに起きるので熟睡できません。
また汗が増えて脱水症状になる?
暑くて布団を蹴飛ばし風邪をひく!
健康面を考えれば、お奨めではありません。

無意識に触ってしまう

飲酒後、どのようにして帰宅したのか?
覚えていない人もいるでしょう。
それは極端ですが、理性が働かなくなることもあります。
すると無意識に眼を触ってしまう?
菌やウイルスをばら撒く危険があります。
またゴシゴシ眼を擦ってしまい、結膜炎を悪化させるケースもあります。
さらに風呂へ入らない?
眼のケアをせずに寝る!
ほろ酔いで止まらないのが飲酒の怖いところです。
自分の性格を知っているなら?
結膜炎が治るまでは禁酒しましょう。

禁酒が原則

お医者さんは、禁酒しろとは言わなかった!
子供みたいな言い訳は止めましょう。
どんな場合でも、医者にかかったら禁酒が原則です。
そもそも飲酒を奨める医者はいません。
眼をアルコール消毒している?
変な理屈を捏ねず、素直にお家へ帰りましょう。

スポンサーリンク