スポンサーリンク

病気を直ぐに治す?
そんな魔法のような薬はありませんが、点滴は、意外なほど急速に状態が改善するものです。
とはいえ患者さんは安易に点滴を求めるべきではないし、医療機関側も点滴に依存してはいけないでしょう。
あくまでも適切な判断によって処方が下されるべきです。

点滴のメリット

tntk
なお点滴のメリットは、大量の輸液、通常は栄養分や抗生物質などの薬剤が含まれますが、それを長時間にわたって微量ずつ投与できるため、血液内の急激な濃度変化が避けられることです。
また血液に直接入れた方が、全体に回りやすくなることも重要です。
では溶連菌感染症のケースでも点滴をするのでしょうか?

溶連菌感染症の点滴治療

通常の溶連菌感染症であれば、抗生物質の服用になるでしょう。
しかし大人の溶連菌感染症では、点滴をするパターンもあるようです。
大人が溶連菌感染症に罹ると明確な症状が現れにくい反面、菌が中々死滅しない?
溶連菌感染症の治療を中途半端にすると耐性菌ができるなど後々トラブルが大きくなるので、素人判断は止めて、医師の指示に従いましょう。

とはいえ納得できないこともある?
ならばセカンドオピニオンを試すのも一法です。
子供や高齢者と同居しているなら、そちらのケアも忘れてはいけません。

スポンサーリンク