スポンサーリンク

家族なら当然でしょうが、知人が脳梗塞で入院したら、お見舞いをするべきでしょうか?
もちろん患者さんの回復度合いにもよりますが、もし病院へお見舞いに行くなら、脳梗塞の状態が落ち着いてからにしましょう。
事前に相手家族へ電話連絡をし、都合の良い時間帯を教えてもらうのがエチケットです。

脳梗塞の程度もありますが、言語障害があれば十分な対応ができないし、人によっては弱味を見せたくない!ケースもあるでしょう。
例えばりリハビリで落ち込んでいる時、かつての仲間がお見舞いに来てくれれば嬉しい?
頑張ろう!という気になる反面、恥ずかしいところを見られた!とショックを受けるパターンもあります。
古い友人であれば、患者さんの性格がわかると思うので、お見舞いに訪れるタイミングを考え、家族が負担を感じない範囲に止めましょう。

ちなみに脳梗塞のお見舞いに持参するお土産は何が良いか?
一般的には嵩張らない大きさの花束ですが、実用的なものとしてタオル類は何枚あっても重宝するものです。
一方で食べ物系は、当然ご法度です。

なお病院内では感染症のトラブルを避けたいので、脳梗塞で入院している?とはいっても、風邪気味の人はお見舞いを遠慮しましょう。

スポンサーリンク