スポンサーリンク

一般的に高血圧が問題視されますが、その逆の状況?
すなわち低血圧なら問題ないのでしょうか?
日本高血圧学会は、文字通り?低血圧に関して基準を定めていません。
しかし収縮期血圧、いわゆる上の値が80mmHg以下であれば低血圧状態!と考えるようです。

もちろん単に低血圧だけなら心配する必要はありません。
ただし低血圧とは、言い換えると心臓の働きが弱い?
動悸や息切れが生じたり、食欲不振、下痢や便秘!
さらに頭痛やめまいなどを引き起こす危険性が指摘されています。
いずれにしても低血圧は正常ではない?ので、何らかの症状を伴っているならば医師と相談してみましょう。

なお低血圧から脳梗塞になる?
低血圧なら強く血液を送れないので、脳梗塞の元凶である血栓が漂うだけで動かない?
溶けない!
脳梗塞の前兆である脳虚血性発作なども低血圧から発症しているとの報告があります。
脳梗塞や心筋梗塞などの循環器系疾患は日常生活の結果!と言われているため、違和感や異常を放置しないことが大切です。

ちなみに低血圧だから朝起きられない?
これは俗説のようであり、朝起きるのは意志!
意志が高まらないと日々の暮らしは流される?
それこそ脳梗塞に対する最大のリスク要因です。

スポンサーリンク