スポンサーリンク

インフルエンザ脳症とは、類似した病気の総称です。
具体的には、感染症のひとつであるインフルエンザから移行して脳に炎症を示す病態です。
つまりインフルエンザ脳症にはいくつかの種類がありますが、そのうち出血性ショック脳症症候群の患者が多いとも言われています。

なお出血性ショック脳症症候群は、英語のHemorrhagic Shock and Encephalopathy SyndromeからHSE症候群と称されることもあります。
この出血性ショック脳症症候群の主な症状は、高熱に伴う意識障害、けいれん、出血性の下痢などがあります。
出血性ショック脳症症候群は、インフルエンザ脳症の中でも1歳未満の乳児に現れやすいため、より重篤化が心配されます。
そして出血性ショック脳症症候群に罹ると死亡するケースがあったり、深刻な後遺症が残るパターンが多々報告されているため、インフルエンザ脳症の疑い?が見られたら早急に小児科医と相談し、適切な治療を施すことが大切です。
とはいえ乳児であればインフルエンザ治療薬の服用が難しいので、対応策に苦慮することになります。
逆に解熱剤がインフルエンザ脳症の原因?とも指摘されているので、まずはインフルエンザの予防が第一に求められるべきでしょう。

スポンサーリンク