スポンサーリンク

食道アカラシアは食道の末端に食べ物が詰まる病気であり、その主な検査・診断法はレントゲン撮影や内視鏡検査です。
いずれにしても飲食物が溜まっている状況が確認できます。
また空腹にした状態で食道括約筋の動きを調べる食道内圧測定が最終的な検査・診断方法になります。
ちなみに食道アカラシアが発症する下部食道括約筋はLower Esophageal Sphincter略してLESと呼ばれます。
なお食道アカラシアは老化に伴う機能異常ではなく、どちらかというと精神的なストレスが関与し、20代から中年にかけて多い疾患なので、問診によって患者さんの生活環境を明らかにすることも食道アカラシアの有効な検査・診断方法です。
一方で他の疾病を除外するために、CTスキャンによる検査・診断が実施されることもあります。
食道アカラシアから食道炎が発生したり、食道癌に進行すると厄介なので、違和感を覚えたらなるべく早めに検査・診断を受けると良いでしょう。
とはいえ軽度の食道アカラシアでは自覚症状がなく、あったとしても単に疲れて胸がつかえている?くらいにしか実感しないようです。
食道アカラシアの治療後は、再発や癌化のリスクが高いとされているので、定期検査が推奨されています。

食道アカラシア
食道アカラシアの症状
食道アカラシアの治療法

スポンサーリンク