スポンサーリンク

口内の病気の中でも悪性エナメル上皮種は、10~30歳代に現れやすいとされていますが、根本的に患者数は多くありません。
つまりエナメル上皮種の内で悪性になったケースを悪性エナメル上皮種と呼ぶためです。
とはいえがんの一種であるならば、基本的な悪性エナメル上皮種の解消方法は外科的な手術になるでしょう。
時に転移した場合には解消方法として薬物療法などを併用することもありますが、悪性エナメル上皮種が歯の一部、局所的に生じた際には、そのケースが一般的ですが、外科的に腫瘍細胞を取り除くことが一番です。
悪性エナメル上皮種の患部が広がってしまうと顎骨の大部分を失うことになり、生活や外観に多大な影響を与えかねないので、可能な限り早期に発見して適正な解消方法を探ることが重要です。
ちなみに昨今は顎骨保存法と称される解消方法があり、顎骨の再生を見つつ進めていくことが少なくないようです。
ただし基準になるような明確な治療法が確立されているわけではありません。
その理由はやはり、患者数との関係があるのでしょう。
しかし悪性エナメル上皮種に対する解消方法が不十分のケースでは再発する事例が稀ではないので慎重な判断が求められます。

【関連記事】
悪性エナメル上皮腫の原因
悪性エナメル上皮腫の予防
悪性エナメル上皮腫に効果的な食べ物
悪性エナメル上皮腫に効果的なサプリメント

スポンサーリンク