スポンサーリンク

食道アカラシアの主な症状は、食道に飲食物が詰まる、故に胸のつかえ、胸焼け、痛み、嘔吐などであり、さらに横臥していると誤嚥性肺炎の症状を示す事例が少なくありません。
食道アカラシアの明確な原因が現状ではわかっておらず、素人が対処できませんが、20代から40代の働き盛りに症状が現れやすい、精神的なストレスが大きく関与しているとの指摘もあるため、症状を緩和させる、予防するには、適宜リラックスが大切です。
基本的に食道は物を溜めておく器官ではないので、食道アカラシアになり飲食物が長時間止まっていると食道炎や食道癌に進展する可能性があり大変危険です。
そのため早めに見つけたいものです。
とはいえ食道アカラシアの症状は軽症ならば嚥下しづらい程度であり、患者さん本人も病気とは思わず、単に気分が沈んでいるので食欲がない?飲み込みにくい、くらいに考えてしまうようです。
そして嘔吐などを繰り返すことによりおかしい?と診察を受け、患部が肥大していてビックリ!というパターンになります。
時に食道アカラシアは胃の病気?と勘違いすることもありますが、消化器系の症状は体調に影響するので、気になったら直ぐに医師と相談しましょう。

食道アカラシア
食道アカラシアの検査・診断
食道アカラシアの治療法

スポンサーリンク