スポンサーリンク

口内に現れる広義のがん、例えば悪性エナメル上皮種などは、現状において明確な原因が特定されているわけではありません。
そのため予防は難しい!と指摘されています。
特に悪性エナメル上皮種は初期症状を自覚するのが極めて困難なので、定期的に歯科医を受診して、歯の健康管理に励むことが一番の予防法になります。
またがんの一種であれば、無用な物理的、化学的、そして生物的な刺激を取り除きたいので、正しい方法による歯磨きが大切です。
ちなみに悪性エナメル上皮種に限らず、がんは遺伝的要素も大きいようですが、それよりも生活習慣が強く影響するとも言われるので、喫煙を控え、適度な飲酒に止め、十分な睡眠をとり、運動不足の解消に努め、早寝早起きなど規則正しい生活を心掛けることが予防法として重要です。
加えて栄養バランスを整えることも悪性エナメル上皮種のみならず体調を維持する、免疫力や体力を高めて病気を予防するためには不可欠です。
なお悪性エナメル上皮種は、再発や転移の危険があるので、他の部位におけるがんの予防にも徹する必要性が叫ばれています。
つまり口内炎や歯肉炎を含めた口の中の違和感に早く対処する、日頃の備えが求められているのです。

【関連記事】
悪性エナメル上皮腫の原因
悪性エナメル上皮腫の解消方法
悪性エナメル上皮腫に効果的な食べ物
悪性エナメル上皮腫に効果的なサプリメント

スポンサーリンク