スポンサーリンク

食道アカラシアもしくは単にアカラシア、あまり耳慣れない病気ですが、食道アカラシアの概要は、食道の下方、胃の近くが狭まり、飲食物が飲み込みにくくなる状態です。
食道アカラシアに関する明確な原因はわかっていませんが、精神的ストレスが大きく影響しているとも報告されています。
なお胃の入口を噴門と称することから、日本語の病名として食道アカラシアを噴門痙攣、弛緩不能症と呼ぶこともあります。
食道アカラシアは、徐々に進行していくことが多いため患者さん本人も概要を掴めず、気付いた際には重症化しているケースが少なくないようです。
様々な事例を検討してみると、噴門辺りの筋肉が動いていない?神経系にトラブルが起きている!のが概要と言えそうです。
胃は第二の脳とも考えられており、自律神経系が敏感に働くのでしょう。ちなみに食道アカラシアはいくつかの種類があり、例えば底がV字型の紡錘型、同U字型のフラスコ型、そしてS字型などに分かれます。
一方で食道の広がり方の概要から分類することもでき、?度は最大径3.5センチ未満、?度が同3.5?6.0センチ、?度が同6.0センチ以上です。
食道が6センチ!もはや小さな胃の概要と変わらなくなります。

食道アカラシアの症状
食道アカラシアの検査・診断
食道アカラシアの治療法

スポンサーリンク