スポンサーリンク

口の中は唾液による殺菌作用が期待できるので、あまり病気に罹ることはないようです。
とはいえ口内炎を繰り返す人がいますが、これは歯磨きの方法が間違っていることにより歯茎を傷付けている、また鼻の病気が原因となって口呼吸をしていたり口を開ける癖?によって口内が乾燥してしまうケースが問題視されています。
なお口内にも広義のがん、腫瘍ができることもあり、特に悪性エナメル上皮種は、多発するわけではありませんが、進展すると手術も難しくなるので注意が必要です。
では悪性エナメル上皮種の原因は何でしょうか?もちろん腫瘍であれば遺伝的な原因を考えるべきでしょうが、明確な原因遺伝子は発見されていません。
一方で歯ブラシや食べ物を含めた物理・化学的刺激が悪性エナメル上皮種の原因になっていることも否定できないでしょう。
さらに歯槽膿漏などの炎症性疾患が悪化した?との原因も指摘されていますが、現状において悪性エナメル上皮種の直接的な原因は明らかになっていません。
ちなみに悪性エナメル上皮種は再発する割合が比較的高く、これが転移の原因にもなるので、一見治った?からといって油断することなく、今まで以上に気を付けたいものです。

悪性エナメル上皮腫の予防

悪性エナメル上皮腫の解消方法

悪性エナメル上皮腫に効果的な食べ物

悪性エナメル上皮腫に効果的なサプリメント

スポンサーリンク