スポンサーリンク

歯に関する腫瘍のひとつに悪性エナメル上皮腫があります。一般的にエナメル上皮腫は良性のケースが多いようですが、悪性エナメル上皮腫になると、時に死亡原因にもなりかねないので早めの治療が求められます。
とはいえ悪性エナメル上皮腫は初期症状が自覚しづらいので発見が遅れがちです。そのため歯や歯茎に違和感がある、口内炎を含めて何らかの症状が確認できる場合には、最寄の歯科医と相談しましょう。
それ以前に歯垢の除去を兼ねて定期的に歯科医を受診するとよいでしょう。単なる歯肉炎のケースもありますが、悪性エナメル上皮腫は若年層に多発する症状なので油断すべきではありません。
では具体的な悪性エナメル上皮腫の症状はどうなのでしょうか?例えば歯茎の辺りが膨らんだ状態になることです。症状が出やすい箇所は下顎の骨、特に臼歯、奥歯のところですが、上顎に悪性エナメル上皮腫ができることは稀なようです。
エナメル上皮腫自体は痛みを伴わないので、これも放置、見過ごしてしまう理由になっていますが、悪性エナメル上皮種は内部に症状が広がり転移する事例も多々見られるので、実際の手術に際しては広範囲を取り除く結果になり深刻なケースが少なくないようです。

悪性エナメル上皮腫の原因

悪性エナメル上皮腫の予防

悪性エナメル上皮腫の解消方法

悪性エナメル上皮腫に効果的な食べ物

悪性エナメル上皮腫に効果的なサプリメント

スポンサーリンク